Photo Report

    記事一覧

    2014.06.07
    vsギラヴァンツ北九州

    2014年6月7日(土)、バトルオブ九州ギラヴァンツ北九州戦がアウェイ本城陸上競技場で行われた。 昨年0対7という屈辱的な大敗を喫した苦い思い出の地でリベンジを果たすべくたくさんのサポーターが駆け付けた。

    前半ペースを握ったのは熊本。選手同士の距離感が抜群でテンポいいパスワークでリズムを掴む。北九州の攻撃の芽を摘み、サイドを使った攻撃に厚みをかけた。しかし先制したのは北九州。24分、するするとドリブルで侵入してきた相手へのアプローチが一瞬遅れたところをミドルシュートで突かれて失点。しかし、ここからが今年の熊本。43分、中山のゴールへ向かうクロスに齊藤が頭で合わせて前半のうちに同点に。

    後半は一進一退の攻防が続くなか、「守るだけではなく、攻撃へのメッセージを込めた選手交代」と矢野とキムが出場。キムはJリーグ初出場となった。お互いに前への推進力を高めてゴールを目指すがゴールを割ることができず試合終了。勝点3を奪って、昨年のリベンジ、そして上位との勝点差を縮めたかった熊本だったが勝点1を分け合った。