熊本日日新聞社様主催「ビッグフラッグ・ビッグユニフォーム清掃活動」に参加

2019.02.24
2月23日(土)熊本日日新聞社様主催の「ビッグフラッグ・ビッグユニフォーム清掃作業」が、えがお健康スタジアムで開催されました。今回の清掃活動はロアッソ熊本が1年でJ2へ復帰するために主催していただいた活動で、50名を超えるサポーターの方々に参加していただきました。
ロアッソ熊本からは小笠原選手と酒井選手、中原選手、北村選手の今シーズン新加入の4選手が参加しました。
ビッグフラッグとビッグユニフォームは2008年と2009年に熊本日日新聞社様がロアッソ熊本サポーターの皆様から頂いた募金を基に制作し、贈呈していただいたものです。あれから約10年が経ち、なかなか洗う機会がなく今日まで使用し続けて来ました。感謝の気持ちを込めて綺麗にしますと選手たちはもちろんスタッフも意気込んでいました。
風が少々強く飛ばされないか心配でしたが無事に開催することができました。
参加していただいたサポーターの中には顔なじみの方もおり、選手たちは和気あいあいとしながら清掃活動を楽しんでいました。
清掃活動後は選手交流が行われ、サインや写真撮影に笑顔で応じていました。
選手たちも顔と名前を憶えてもらう良いきっかけになったと言っていました。
清掃したビッグフラッグとビッグユニフォームは3月10日の開幕戦で使用します。
本日参加して下さったサポーターの皆様、熊本日日新聞社の皆様、ありがとうございました。