2019明治安田生命J3リーグ 31節

試合結果

2019年11月17日(日) 19:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
2 - 0
0 前半 0
2 後半 0
いわてグルージャ盛岡

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

小谷 祐喜 後半03分[警告]  
高瀬 優孝(out)⇒坂本 広大(in) 後半20分[交代]  
  後半20分[交代] 宮市 剛(out)⇒菊池 将太(in)
  後半28分[交代] 廣田 隆治(out)⇒大垣 勇樹(in)
岡本 知剛(out)⇒伊東 俊(in) 後半28分[交代]  
中山 雄登(out)⇒三島 康平(in) 後半36分[交代]  
原 一樹 後半38分[得点]  
  後半41分[交代] 嫁阪 翔太(out)⇒薮内 健人(in)
伊東 俊 後半45+2分[得点]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
えがお健康スタジアム 3,720人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
曇、無風 15.4℃/45% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
大久保 邦彦 藤田 優 坂本 晋悟、内山 翔太 廣田 幸治 山田 清

メンバー表

ロアッソ熊本   いわてグルージャ盛岡
GK 22 山本 海人
DF 23 小谷 祐喜
DF 6 村上 巧
DF 39 鈴木 翔登
DF 24 高瀬 優孝
MF 31 岡本 知剛
MF 4 酒井 崇一
MF 8 上村 周平
MF 27 中山 雄登
FW 14 中原 輝
FW 9 原 一樹
スタメン
土井 康平 1 GK
太田 賢吾 23 DF
福田 友也 3 DF
深井 脩平 22 DF
鈴木 達也 24 DF
廣田 隆治 17 MF
梅内 和磨 13 MF
江頭 一輝 20 MF
嫁阪 翔太 14 MF
大垣 勇樹 10 MF
宮市 剛 18 FW
ロアッソ熊本   いわてグルージャ盛岡
GK 1 畑 実
DF 3 小笠原 佳祐
MF 2 黒木 晃平
MF 10 伊東 俊
MF 15 坂本 広大
FW 11 三島 康平
FW 13 北村 知也
控え選手
射庭 康太朗 21 GK
菅本 岳 8 MF
菊池 将太 9 FW
谷口 海斗 10 FW
薮内 健人 11 FW
     
     
渋谷 洋樹 監督 菊池 利三

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・相手陣地に入った時、切り替えを早く!
・奪われた後のダイレクトプレッシャーを意識すること。
・絶対に勝つぞ!
菊池監督(岩手)
・ボールを丁寧に繋ぐことを意識していこう。
・奪った後のプレーをもっと正確に。

試合終了後

渋谷監督
今日も先週に続き、ファン・サポーターの方々が、我々のバス入りの時に、たくさんの応援をしていただいて、本当に感謝しています。先週、九州ダービーで勝利を届けられなかったので、ファン・サポーターの思いを今日選手達がしっかり受け止めて、最後まで戦って勝利できたことは、本当に良かったと思います。今、試合に出場していない選手も含めて、今週1週間、良い準備ができて、このゲームに向かって、岩手さんがなかなか結果が出ていない中でも、非常に素晴らしくハードワークをしてくるチームだということは分かっていて、難しいゲームでしたが、勝利を届けられたことは良かったと思います。ただ、ゲームの中で、前半からある程度ボールをもったりしている中で、完結できない中で切り替えが遅くて、相手にまたボールを持たれて、我々の深いところまで来てセットプレーを取られたり、ロングスローで少し危ない場面があったことは、選手達にも伝えましたが、切り替えの部分が非常に遅かったと思っています。後半もあまり大きく流れが傾いていなかったのですが、三島選手が入って、少しロングボールを対応したことで得点に繋がったことは良かったと思います。もちろん早い段階で先制点を取って、2点目、3点目と取って、本来であればそれぐらい取らなければいけないのかもしれませんが、やはり勝つことは難しいというゲームになって、今日の勝利と、本来であれば1-0で逃げ切るということもあるのかもしれませんが、我々の状況からすれば、少ない時間の中でも2点目を取る、3点目を取りに行くという攻撃がが必要だと思ったので、選手には下がらず、前を意識してプレーしてくれと言っていて、それが2点目に繋がったことは、その1点が何かに繋がっていけばと思います。得失点差で苦しい状況ですが、最後の1点が次に繋がれば良いと思います。本当に選手達が最後まで戦えたことは、ファン・サポーターのおかげだと思いますので、次はアウェイで相模原さんに必ず勝って、ホーム最終戦にこのえがお健康スタジアムに戻ってきたいと思います。
原選手
絶対に勝たなければいけなくて、より多くのゴールを取るミッションがある試合で、点を取って、後ろは守ってくれて、良い機能が出た。この苦しい状況にしたのは自分達だし、まだ可能性があるのも自分達だし、1年でJ2復帰という難しいミッションに、残り全力で戦って、勝ちを掴み取りたい。今日はスタートから出場して、前半でダメになっても良いと思ってプレーし、ゴールを取ろうと思っていたし、全力を出していた。自分が点を取ることができたこともプラスなので、残り3試合、全力で戦いたい。
(得点シーンについて)ゴールを取れる感覚があったし、三島選手が競り勝ってくれると思っていたし、伊東選手がパスを出してくれる、という信頼があった。皆が守ってくれたからこそ、あのようなゴールが生まれた。やっとゴールが入ったと思ったが、1−0で終わるつもりはなかったし、得失点差を考えて、もう2点、3点取ってポジティブにつなげようと。
次の試合に全力で挑んでいきたい。
伊東選手
前半は我慢の時間が多かったが、失点せず耐えることができて、後半、自分達のサッカーの強みを出すことができた。自分は後半から少し出ただけなので、スタメン組が良かったので感謝したい。
トップ下に入って、自分がフリーでボールを持ってチャンスを作れるようにしていった。しっかり決めれて良かった。
酒井選手
久しぶりのスタメン出場だったが、2-0で勝つことができて良かった。次に繋がる結果だと思う。
守備で激しくいけたのはよかった。ただ、ビルドアップの時に状況を見て、ポジションを早く取るなど、もっと賢くやっていかないといけないと思う。
山本選手
全力でやりきった。少しでも皆に気持ちが伝わるようにプレーした。パスを繋ぐ意識をしつつ、相手が前がかりになった時、裏を取れるようにした。魂をかけて闘って今日勝つことができた。このぐらいやらないと勝てない。自分で気を張ってプレーし、チームを救っていけるようにしていく。
小谷選手
4連勝が必ず必要となってくる中で、今日勝つことができてホッとしている。なかなか試合に出れず、大事なところでチームの力になれてなかったので、今日はスタメンで使ってもらって、なんとしても結果出せるようにやっていった。残り3試合、3連勝を目指して、1試合1試合出し切れるように、みんなで意識してやっていく。