2019明治安田生命J3リーグ 29節

試合結果

2019年11月4日(月) 18:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
1 - 3
0 前半 0
1 後半 3
ザスパクサツ群馬

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

坂本 広大(out)⇒三島 康平(in) 後半14分[交代]  
  後半28分[交代] 岡田 翔平(out)⇒後藤 京介(in)
北村 知也(out)⇒原 一樹(in) 後半32分[交代]  
  後半36分[得点] 後藤 京介
  後半37分[交代] 姫野 宥弥(out)⇒岩田 拓也(in)
中山 雄登(out)⇒伊東 俊(in) 後半38分[交代]  
黒木 晃平 後半42分[得点]  
  後半45+2分[得点] 田中 稔也
  後半45+4分[交代] 加藤 潤也(out)⇒福田 俊介(in)
  後半45+5分[得点] 岩田 拓也

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
正田醤油スタジアム群馬 3,977人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、中風 13.3℃/45% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
河本 弘 佐藤 誠和 佐藤 裕一、加藤 正和 水野 智也 大澤 秀貴

メンバー表

ロアッソ熊本   ザスパクサツ群馬
GK 22 山本 海人
DF 2 黒木 晃平
DF 6 村上 巧
DF 39 鈴木 翔登
DF 24 高瀬 優孝
MF 8 上村 周平
MF 31 岡本 知剛
MF 14 中原 輝
MF 27 中山 雄登
FW 15 坂本 広大
FW 13 北村 知也
スタメン
吉田 舜 23 GK
吉田 将也 19 DF
舩津 徹也 2 DF
渡辺広大 32 DF
光永 祐也 24 DF
田村 友 39 MF
磐瀬 剛 35 MF
姫野 宥弥 30 MF
田中 稔也 14 MF
加藤 潤也 7 FW
岡田 翔平 9 FW
ロアッソ熊本   ザスパクサツ群馬
GK 1 畑 実
DF 4 酒井 崇一
DF 23 小谷 祐喜
MF 10 伊東 俊
MF 16 田村 翔太
FW 9 原 一樹
FW 11 三島 康平
控え選手
蔦 颯 33 GK
久木田 紳吾 13 DF
福田 俊介 28 DF
飯野 七聖 22 DF
金城ジャスティン俊樹 15 MF
後藤 京介 41 MF
岩田 拓也 20 FW
渋谷 洋樹 監督 布 啓一郎

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・セカンドボールを意識してプレーすること。
・守備のラインを下げすぎないこと。
・攻守においてスプリントが大事。強い気持ちを持って勝とう!!
布監督(群馬)
・プレスをかける時、かけない時の判断をしっかりする。
・風を利用したビルドアップも使っていく。
・ラインをコンパクトにして思い切っていこう。

試合終了後

渋谷監督
今日も遠い群馬まで、我々ロアッソ熊本のサポーターが熊本から、関東から沢山の方々が足を運んでいただきましたが、残念ながら敗戦で本当に申し訳なく思います。また、熊本から応援していただいているファン・サポーターの方々にも勝利を届けられず、本当に申し訳ない気持ちです。
今日は群馬さんと同じ勝点で戦うということで、しっかりとした準備をして試合に臨みましたが、結果が全てなので、今日準備してきたことを出しているところは沢山ありましたが、敗戦で帰らなければならないのは凄く残念ですし、凄く悔しい試合でした。ただ守備の組織をしっかりするところ、最後まで粘り強く戦うところは、しっかりできていますし、攻撃面では何度か良い形でゴールに迫りましたが、残念ながらそこで得点を取れず、後半は失点して、ボールを動かし続けて得点を取るところをやって、1-1になって、ここで2点目を取れれば良かったのですが、最後の局面のところで対応できなかった、そこは群馬さんのイメージ通りだったのではないかと思います。我々はもっと守備の精度を上げなければいけないと感じました。ただ、選手達は準備したことをピッチ上で出してくれましたが、結果が出なかったことは、私自身監督の責任だと思いますので、次は九州ダービーを我々のホームで首位の北九州さんと戦いますので、そこに向けて準備が始まります。今日は120%出したと思いますので、ラスト5試合、首位の北九州さんに勝てるように、首位に近づけるように、選手と共にしっかりと準備をして臨みたいと思います。
上村選手
前半は自分達の時間が長くて、点を取りたかった。全体的にボールを持てていたし、攻撃の回数はあったので、自分達が先制しなければいけないゲームだった。前後半ともクロスは数多く出せたが、中央でのコンビネーションや最後の工夫は、ゲーム全体を通して足りなかった。先週今週とクロスへの入り込みをやってきたので、皆がクロスの意識が強かったのかなと、後ろから見ていて、中に入れない感じではなかったと思う。中に当てて、中でのコンビネーションを見出したかった。
黒木選手
相手に最後を上げさせない、あと一歩寄せることができないといけなかったし、防げないこともない失点だったと思う。まだ昇格圏まで勝点4差なので、5試合で詰めることはできるので、次の北九州戦に向けて準備をしたい。自分達は優勝を目指しているので、今日は勝点3を取りにいった。
鈴木選手
勝たなければいけない試合だったので悔しい。失点時は、人数がいない訳ではなかった。3失点目は個人的なところもあったが、1失点目と2失点目はしっかりと防がなければいけなかった。勝点3を取りに行く気持ちは強かったし、舵取りができなかったことは自分の責任だと思う。自分達が勝たなければいけないし、そのような思いでゲームに臨んだが、チームとして遂行できず残念。5試合残して、まだ可能性があるので、次は1日少ない中で北九州戦となるが、今日の反省を次に生かせるようにやりたい。
高瀬選手
大一番なので、勝つことしかなかったが、勝負どころで力が出せなかった。試合の入りから圧倒しようと、早めにクロスを出して、風も味方していたが、後半は前半運べていた部分で相手も対策をしてきて、ゴールも遠のいた。今日の敗戦は大きいが、残り5連勝して、他力にはなるが、自分達がやってきたことは間違っていないと、サポーターが応援してくれているので、100%出して頑張りたい。