2018明治安田生命J2リーグ 第39節

試合結果

2018年10月28日(日) 15:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0
ファジアーノ岡山

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

  前半45分[警告] 増田 繁人
植田 龍仁朗 後半14分[警告]  
上里 一将(out)⇒伊東 俊(in) 後半25分[交代]  
  後半25分[交代] 武田 将平(out)⇒齊藤 和樹(in)
  後半25分[交代] 赤嶺 真吾(out)⇒ジョン チュン グン(in)
高瀬 優孝(out)⇒黒木 晃平(in) 後半37分[交代]  
  後半40分[交代] 仲間 隼斗(out)⇒大竹 洋平(in)
皆川 佑介(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半41分[交代]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
えがお健康スタジアム 6,211人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、弱風 18.4℃/32% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
小川 裕明 小屋 幸栄 田尻 智計、村井 良輔 作本 貴典 衛藤 薫

メンバー表

ロアッソ熊本   ファジアーノ岡山
GK 30 佐藤 昭大
DF 13 多々良 敦斗
DF 5 植田 龍仁朗
DF 39 鈴木 翔登
MF 14 田中 達也
MF 8 上村 周平
MF 45 横山 知伸
MF 20 上里 一将
MF 24 高瀬 優孝
FW 9 安 柄俊
FW 11 皆川 佑介
スタメン
金山 隼樹 13 GK
増田 繁人 5 DF
濱田 水輝 4 DF
喜山 康平 6 DF
椋原 健太 21 MF
塚川 孝輝 8 MF
上田 康太 14 MF
武田 将平 25 MF
仲間 隼斗 19 FW
赤嶺 真吾 24 FW
三村 真 11 FW
ロアッソ熊本   ファジアーノ岡山
GK 1 畑 実
MF 2 黒木 晃平
MF 6 村上 巧
MF 27 中山 雄登
MF 31 伊東 俊
MF 50 水野 晃樹
FW 18 巻 誠一郎
控え選手
一森 純 22 GK
下口 稚葉 31 DF
末吉 隼也 15 MF
関戸 健二 17 MF
大竹 洋平 10 MF
ジョン チュン グン 37 MF
齊藤 和樹 18 FW
渋谷 洋樹 監督 長澤 徹

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・相手の戦いにしっかり対応できている。後半も続けよう。
・攻撃面では、スペースに飛び出すことを忘れないこと。
・守備面では、チャレンジ&カバー、戻ることをきっちりできるか。
・ホームゲームで勝利するために全員でハードワークを!
長澤監督(岡山)
・相手の前へのパスへ準備を早くする。
・ゴール前での大胆さが足りない、ゴールを狙う。
・サイドからの攻撃の後、切り替えを早くする。

試合終了後

渋谷監督
今日は勝利を目指して戦いに臨みましたが、勝利できずに残念ですし、今日も6,000人以上のファン・サポーターの方が、この現状・結果を踏まえても今日の勝利の為に、たくさんの応援をしていただいたことを非常に感謝していますし、本当にありがたい気持ちしかありません。ファン・サポーターも含め、我々クラブに関わる人達に対しても、勝利を届けなければいけない1戦でしたが、残念な結果で終わらせてしまったことは、私自身すごく責任を感じています。選手は岡山さんの戦いにしっかり挑んで、結果引き分けで、もちろん勝利を目指して戦いましたが、選手たちが精一杯やったことは、私自身誇りもありますし、このような厳しいプレッシャーの中で戦って、あれだけ勇敢なプレーを見せてくれたことは、これから繋がると思います。ただ、我々は今日勝たなければ、この先3試合ありますが、J2リーグの他会場の結果次第では下から2番目になってしまうということなので、私自身、勝利しか目指していなかったので、悔しい思いしかありません。ただ、下を向いていても仕方がないので、今日、ファン・サポーターの方が毎試合毎試合勝てないので、いろんな思いを持っている中でも、たくさん応援してくれた方達の為にも、最後の3試合、しっかり勝利をして終われるようにしっかり準備をしてやっていきたいと思います。
佐藤選手
試合前から勝ちを目指して、勝たなければいけない中、全力で戦ったが悔しい気持ちと、最後まで応援してくれたサポーターの皆さんに申し訳ない気持ちです。ロアッソのサポーターは愛を持って選手に声援をくれているし、勝てない中でも声援を送ってくれている、今日勝つことができずに申し訳ない気持ちだが、残り3試合、応援してくれているサポーターの為にも全力で戦います。
安選手
守備陣が本当に絶えてくれていた中で、攻撃陣が1点も取れなかったというのは本当に情けないですし、悔しい気持ちが強いです。岡山は人に対して強く来るチームだったので、一人動いたその裏や、連動した動きというのは意識しようというのは話をしていました。勝利できなかった要因は、最後シュートの質や動き出しの質、クロスの質、パスの質という本当にラスト1個のところが精度が低かったと思います。今日も含めて今なかなか勝ってない中でも、多くのサポーターの人達が応援に来てくれて、ホームですごい力をくれたので、そういうサポーターの人たちに、本当に残り3戦を勝利という形で届けてあげたいというのが一番の気持ちです。
巻選手
今日だけに限らず、勝たなければいけない試合を何度も落として、悔しい思いと情けない思いです。ホームもアウェイも、多くのサポーターや熊本の県民の皆さんが、このクラブを一生懸命一緒に戦っていただいている中で不甲斐ない結果を続けていることがもどかしいし、申し訳ない思いとやらなければという思いの感情があります。ピッチの中で何もできない自分は、いろんな感情を持っているが、シーズンの最初からこれだというもはないが、クラブとしても個人としてもチームとしても、一つ一つの積み重ねがこの今の状況になっていると自分自身は思っているので、力がなかったという一言、どうすることもできなかったという何とも言えない。このロアッソ熊本がなくなるわけではなく、今後50年、100年と熊本の宝として誇れるものでなければいけないと思うので、今は皆が誇りを持って前を向ける状況ではないが、1歩ずつ前に進んでいかなければいけない。J3リーグになったとしても、少しでも前に行ける未来をイメージできるように、日々努力していかなければいけないと思う。目の前の時間とトレーニングに全力を注ぎたい。今は僕らがどのような現実に背くことはサポーターにとっても裏切りになると思うし、僕たちは最後まで戦う責任があると思うので、残り3試合戦います。