2016明治安田生命J2リーグ 15節

試合結果

2016年5月28日(土) 19:33キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 2
0 前半 1
0 後半 1
FC町田ゼルビア

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

  前半20分[警告] 重松 健太郎
  前半29分[得点] 鈴木 孝司
中山 雄登(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半10分[交代]  
平繁 龍一(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半23分[交代]  
  後半23分[交代] 重松 健太郎(out)⇒戸島 章(in)
  後半31分[得点] 鈴木 孝司
岡本 賢明(out)⇒アンデルソン(in) 後半37分[交代]  
  後半40分[交代] 金 聖基(out)⇒畠中 槙之輔(in)
  後半42分[交代] 井上 裕大(out)⇒松下 純土(in)

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
ノエビアスタジアム神戸 2,509人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
曇、無風 21.4℃ / 78% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
安間 和仁 井上 知大 川崎 秋仁、村田裕介 中井 敏博 村上 伸也

メンバー表

ロアッソ熊本   FC町田ゼルビア
GK 30 佐藤 昭大
DF 2 黒木 晃平
DF 4 園田 拓也
DF 5 植田 龍仁朗
DF 7 片山 奨典
MF 14 キム テヨン
MF 38 上村 周平
MF 27 中山 雄登
MF 17 岡本 賢明
FW 10 清武 功暉
FW 11 平繁 龍一
スタメン
髙原 寿康 21 GK
土岐田 洸平 10 DF
金 聖基 24 DF
カルフィン ヨン ア ピン 37 DF
松本 怜大 19 DF
鈴木 崇文 17 MF
井上 裕大 15 MF
李 漢宰 6 MF
重松 健太郎 39 MF
鈴木 孝司 9 FW
中島 裕希 30 FW
ロアッソ熊本   FC町田ゼルビア
GK 21 金井 大樹
DF 23 藏川 洋平
DF 33 薗田 淳
MF 8 髙柳 一誠
MF 39 嶋田 慎太郎
FW 9 アンデルソン
FW 36 巻 誠一郎
控え選手
内藤 圭佑 1 GK
畠中 槙之輔 3 DF
三鬼 海 4 DF
松下 純土 20 MF
森村 昴太 29 MF
戸島 章 23 FW
久木野 聡 38 FW
清川 浩行 監督 相馬 直樹

コメント

ハーフタイムコメント

清川監督(熊本)
・焦らず、後半もスタートからしっかり入っていこう。
・ボールホルダーに必ず一人はいこう。
・切り替えよう。1点ずつ取っていこう。
相馬監督(町田)
・コンパクトに戦うことを意識しよう。
・ボールをしっかり動かそう。
・あと45分、たくましく戦おう。

試合終了後

清川監督
今回、ホームゲームを開催するにあたり、場所を提供してくれた神戸さんに本当に感謝しています。そして、町田のサポーターの皆さん、熊本のファン・サポーターの皆さんに協力をいただいてゲームをできたということは本当にありがたく思います。
ゲームの方は前半に1点取られて、後半、攻め込んだところで、カウンターで決められて、勝点を取れなかったことは自分の責任で、選手は本当に頑張ってやってくれました。でも、勝てないところには何か原因があるわけで、熊本に帰ってそこをもう1回、選手達と一緒に考えてトレーニングを積んでいきたいと思います。
黒木選手
結果が出なかったことが悔しい。内容がついてくればいいが、内容よりもできるというところまで走って勝ちたかった。本当にあまり地震は言い訳にはしたくないし、100%やった中で勝てれば良かったが、次は勝てるよう頑張りたい。久しぶりにスタメンで出場して、負けはしましたが、改めてサッカーができることが楽しいし、幸せを感じました。
清武選手
なかなか厳しかった。選手一人一人が頑張っていないことはないが、結果に結びつかないことが残念。前を向いてゴールが見えたらシュートを狙っていて、点を決めなければいけないし、先制点を取ってチームを楽にしたかったのに、決めることができなくて残念です。リーグ戦再開して3試合をやっていて、今日のゲームは言い訳もできないと思っているので、地震の後、前を向いて戦っていこうという思いはあるが、チームの連動性をトレーニングから見直さなければいけないと思います。
岡本選手
(震災まえから含め)リーグ戦5連敗で、その結果は重く受け止めなければいけない。下を向いても結果につながらないので、前を向いて進んでいきたい。全国のサッカーファミリーがすごく応援してくれるし、結果で返したいが、できず残念です。ただ、ここで何かが終わるわけではないので、強い気持ちを持って前を向いて頑張りたい。
植田選手
神戸開催だがホームゲームなので、勝点3をサポーターに届けたかった。今日は家族と一緒に選手入場して、震災以来、家族と離れて暮らしていて自分も寂しかったし、今日は家族や子供達のためにも勝ちたかった。次節は古巣の岡山だが、岡山では長くプレーさせてもらったので、1週間、準備をして頑張りたい。
巻選手
チームとしても個人としてもチャンスがあったので、そこでゴールが取れないで失点してしまった。前半からうまくいかないことが多かったが、粘り強くという部分では、ロアッソのプレーだったと思う。自分たちにチャンスが来た時にゴールを取れれば。運動量も球際もまだまだ足りなかった。遠く熊本から駆けつけてくれたサポーターの皆さん、関西や関東からもたくさん駆けつけてくれた。皆さんに勝利をとどけたいので、チャレンジして次に臨みたいと思います。
今日も素晴らしいスタジアムを提供してくれて感謝しています。