2011Jリーグディビジョン2 18節

試合結果

2011年6月25日(土) 19:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
2 - 1
2 前半 0
0 後半 1
愛媛FC

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

長沢 駿 前半13分[得点]  
長沢 駿 前半32分[得点]  
  後半11分[交代] 石井 謙伍(out)⇒内田 健太(in)
  後半11分[交代] 大山 俊輔(out)⇒越智 亮介(in)
  後半20分[得点] 齋藤 学
ファビオ(out)⇒大迫 希(in) 後半25分[交代]  
市村 篤司 後半28分[警告]  
長沢 駿 後半31分[警告]  
武富 孝介(out)⇒西森 正明(in) 後半33分[交代]  
  後半36分[交代] 杉浦 恭平(out)⇒福田 健二(in)
片山 奨典(out)⇒筑城 和人(in) 後半43分[交代]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING) 3,877人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
雨、弱風 25.5℃ / 91% 全面良芝、水含み 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
内田 直人 池内 明彦 森本 洋司、清野 裕介 和角 敏之 藤山 直秀

メンバー表

ロアッソ熊本   愛媛FC
GK 18 南 雄太
DF 15 市村 篤司
DF 16 矢野 大輔
DF 6 福王 忠世
DF 8 原田 拓
MF 23 根占 真伍
MF 5 エジミウソン
MF 7 片山 奨典
MF 14 武富 孝介
MF 27 ファビオ
FW 9 長沢 駿
スタメン
川北 裕介 1 GK
関根 永悟 13 DF
池田 昇平 18 DF
高杉 亮太 28 DF
前野 貴徳 7 DF
渡邊 一仁 4 MF
石井 謙伍 11 MF
大山 俊輔 17 MF
杉浦 恭平 10 MF
齋藤 学 27 MF
ジョジマール 9 FW
ロアッソ熊本   愛媛FC
GK 21 木下 正貴
DF 2 チョ ソンジン
DF 24 筑城 和人
MF 13 大迫 希
MF 25 西森 正明
MF 30 仲間 隼斗
FW 10 松橋 章太
控え選手
萩原 達郎 15 GK
吉弘 充志 2 DF
田森 大己 6 MF
内田 健太 8 MF
越智 亮介 19 MF
小笠原 侑生 23 FW
福田 健二 24 FW
高木 琢也 監督 バルバリッチ

コメント

ハーフタイムコメント

高木監督(熊本)
・前半は良いリズムでできている。後半の入り方をしっかりすること。
・攻撃面では、もっと早く準備をすること。
バルバリッチ監督(愛媛)
・相手が蹴り込んできたボールの対応をしっかりすること。
・足元にしっかりつないでいくこと。

試合終了後

高木監督(熊本)
勝てたことが非常に良かった。内容は本来やりたいことがやらせてもらえなかった。愛媛をスカウティングしても穴のないチームで、どう切り崩していくか悩んだ。相手のDFの網にかからないようにするため、今日は前半から長いボールを入れた。相手を押し込むことができたが、そこから軌道修正ができなかったので力不足だと感じた。だが、今日は勝てたことと、出場した選手が役割を果たしてくれて、頑張ってくれた。雨の中、多くのサポーターの声援が後押しになった。連戦で短い時間しか準備ができないが、リカバリーとトレーニングで準備をしていきたい。
武富選手を起用した理由は、ここ最近のプレーやパフォーマンスが良かったから。トップよりも中盤の高い位置で相手DF陣のアプローチを惑わすようなプレーを期待した。
西森選手の起用は、相手にくさびのボールを入れられるシーンが多かったので、縦のボールを入れさせないようにするため。
長沢選手
何試合も点を取れていなかったし、勝ちきれていなかったので、勝つこととゴールを狙うことを考えていた。点をとれず悔しかったし、こういう経験は初めてだったので、このプレッシャーを良い意味で楽しみながら、良いときも悪いときも頑張っていきたい。ゴールシーンでは、武富選手からのボールがシュート性で来ると思っていて、思った通りに来たので、角度を変えれば入るかなと思った。2点目では、自分がPKはあまり得意ではなかったので、こういうチャンスで点を取って、迷惑をかけたことを償えたらと思った。今日勝ててホッとしているが、連戦が続くのでチームに貢献したい。
武富選手
自分の持ち味を出して、自分の良さが出れば、チームの良さになると思っていた。ゴールシーンは、自分のボールを長沢選手が察知してくれたが、自分の積極的な姿勢がゴールに現れたと思う。ただ、チャンスがある時に決めていれば楽になったと思うので、次は決めていきたい。連勝していけば、首位になれると思うので、頑張っていきたい。
エジミウソン選手
これまで結果がなかなか出てこなかったが、今日、ホームで勝利できてとても嬉しい。チームの為に何ができるか考えたことは、効果的だった。選手間のコミュニケーションで、みんながどう思っているかを明確にして把握することで一丸となって戦えた。今日は2点先制して、それまでは試合運びがうまくいっていたが、失点後は押し込まれ、自分達も引いてしまったので、守備についてはシンプルなプレーをして、前線の選手にまかせるように心がけた。
南選手
3連戦の最初の試合で勝ちたかったので、これまでの流れを変える良いチャンスだった。苦しい試合だったが、勝利は大きい。1点取られたが、前半最後のピンチを切り抜けて、相手の流れを切ることができた。無失点ではなかったことは悔しいが、2点取ってくれたし、後半は自分がやらなきゃと思っていた。後半はやりがいがあったが、失点してしまったことが悔しい。