【ユース】公式戦結果

2022.12.04アカデミー

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2022 熊本1部

12月4日(日)水前寺競技場
ロアッソ熊本ユース 5-1 国府高校
(前半 2-1、後半 3-0)
(得点者:道脇 豊③、山下凛太郎、澤本和冴)

優勝を決めた昨日から一夜明け、本日は国府高校との一戦でした。
前半に山下選手(3年)がコーナーキックからの得点で先制点をあげると、続けて道脇選手(1年)が得点を決めリードを広げましたが、国府高校にも得点を決められる展開となりました。
後半は道脇選手が2点を決めハットトリックを達成すると、澤本選手(1年)が得点を決め5-1で勝利することが出来ました。
失点などの課題が出る形になりましたが、プリンスリーグ参入戦の前に課題が出たことは良かったと思います。また参入戦は本日同様2日連続の連戦となるので、選手は良い経験になったはずです。
来週が今シーズンの県リーグ最終節となります。
そこでしっかりと勝利を収め、良い形で次の週へと繋げたいと思います。

[次戦]
12/11(日)10:00KO 秀岳館高校サッカーグラウンド
高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2022熊本1部
vs 秀岳館高校

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2022 熊本2部

12月4日(日)水前寺競技場
ロアッソ熊本ユース2nd 3-1 秀岳館高校2nd
(前半 2-0、後半 1-1)
(得点者:山口空飛、堤 隼誠、上野颯太)

1部リーグの直後に行われた県2部リーグvs秀岳館高校2nd。
山口選手(1年)の素晴らしいミドルシュートで得点すると、上野選手(2年)が得点を重ね2-0で前半を折り返しました。
後半には堤選手(1年)が得点を決め、3-0にリードを広げますが、秀岳館高校にも得点を決められ3-1で終了しました。
勝つことが出来たのは良かったことですが、1部リーグ同様、課題もあった試合でした。
次週の最終節も秀岳館高校2ndとのゲームとなります。
しっかりと修正をして、2部リーグも良い形で終え、参入戦へ総力戦で臨めるようにしたいと思います。

[次戦]
12/11(日)12:00KO 秀岳館高校サッカーグラウンド
高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2022熊本2部
vs 秀岳館高校2nd

image
平田機工
高橋酒造株式会社
RKKCS
アウトソーシングテクノロジー
サトウロジック
シアーズホーム
株式会社えがお
プーマアパレルジャパン
熊本日日新聞社
九州エネコ
(株)磯崎工務店
株式会社アンサー・インターナショナル