12/5(岐阜戦)「最後もう一回『一緒に闘え!』」プロジェクトならびにタイチジャングル様による協賛金・寄附金のご報告とお礼

2021.12.15試合情報

12/5(日)に行われました今シーズン最後のホームゲーム・岐阜戦にて実施いたしました「最後もう一回『一緒に闘え!』」プロジェクトへのご協賛金およびタイチジャングル様、スタグルスポンサー様からの寄附金として、下記の金額をいただきましたのでご報告いたします。

○「最後もう一回『一緒に闘え!』」プロジェクト
協賛金額:178,369円

○タイチジャングル様、スタグルスポンサー・ツツミファーム様による寄附金
寄付金額:33,000円

9月に「昇格・優勝」を達成すべく、実施の宣言をいたしました「一緒に闘え!」プロジェクトでございますが、大変多くの皆様にご協力をいただきました。
宣言後から最終戦までの10試合、まさにプロジェクトに冠しました名前のとおり、選手・監督・チームスタッフ・クラブ・パートナー・行政・メディア、そしてサポーターの皆さんが共通の目標に向かって一緒に闘っていただきました。

ホームゲーム会場での協賛金へのご協力だけではなく、いまではロアッソ熊本の応援の代名詞となりました「白岳ハリセン」の作成・普及からはじまり、選手達の気持ちを高揚させ勝利に導くことができた「赤いゴール裏」を作るためにご協力いただきました小さなお子さんから多様な世代にわたる多くのサポーターの皆様。
市役所・町役場・区役所などでのポスター掲出やデジタルサイネージの設置、熊本県庁におきましては職員の皆さん自らのチラシ配布による試合告知へのご協力。
パートナーの皆様には各社の独自性を活かした県民の応援機運の醸成のためのイベントや情報発信などを企画・実施していただきました。そしてこれらの活動を取り上げていただき、県内に広く広めていただきましたメディアの皆様のご協力もございました。
絶対の勝利が必要となった最終戦では、ご来場いただきました1万を超える人たちによる赤いスタジアム、響き渡るハリセンのクラップによる応援にて見事勝利を得ることが出来ました。
そして、勝利・感動に沸く選手やスタンドの風景を見ることなく、1万人を超える来場者の試合運営を滞りなくすすめるために、必死に業務にあたっていただきましたスタジアムアテンダントの皆様の存在は大変心強く思いました。
この他にも私たちが知りえない沢山の人達の応援があったことと思います。
 
「昇格・優勝」に向けて、皆さんが出来ることを精一杯やっていただいたことこそまさに「一緒に『闘え!』」であると、あらためて感じております。
一緒に闘っていただきました皆様、あらためて厚く御礼申し上げますとともに、このたびの「昇格・優勝」おめでとうございます。

株式会社アスリートクラブ熊本
ロアッソ熊本
関係者一同

image
平田機工
高橋酒造株式会社
RKKCS
アウトソーシングテクノロジー
サトウロジック
シアーズホーム
株式会社えがお
プーマアパレルジャパン
熊本日日新聞社
九州エネコ
(株)磯崎工務店
株式会社アンサー・インターナショナル