PARTNER

パートナー企業募集

ロアッソ熊本では、パートナー企業様を募集しています。

クラブ理念
「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」

ご興味のある企業の方・個人の方は、お気軽にお問い合わせください。
パートナーに関するお問い合わせ

ロアッソ熊本が目指すもの

ロアッソ熊本は「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」この3つの理念のもと、
地域に根差したクラブとして、地域に生活する人々と共に発展し、子ども達に夢と希望を、地域に誇りと感動をお届けすることに努め、クラブを軸としたコミュニティを築きながら、世界に開かれた豊かなスポーツ文化の創造に貢献をします。

また、活動方針を「日本一地域に根差したクラブづくり」と定め、県民・行政・企業が三位一体となった支援体制を持ち、その地域に必要不可欠な存在となるクラブを目指します。

スポンサーシップからパートナーシップへ

私達が持つファン・サポーターや自治体、メディアなどの幅広いステークホルダーとパートナー企業をつなげ、その広がりを拡大していくプラットフォームとしての役割を果たします。

看板の掲出などの露出媒体としてのみではなく、様々な手法で有効にパートナー企業名の訴求や商品の PR 媒体に役立ててもらうなど、より効果的にパートナーの課題解決に貢献できる施策提案を目指します。

またパートナー企業とクラブがもつ双方の強みで連携し、地域における社会問題の解決に共に取り組むなど、 Jクラブとしか実現できないようなシナジー効果を発揮した真のパートナーシップ形成を目指します。

パートナーの種類

約400社のパートナー企業様と共に歩んでおります。パートナーの種類は大きく4つに分かれています。

1.オフィシャルトップパートナー(年間1500万円~)
2.オフィシャルパートナー(年間750万円~)
3.クラブパートナー(年間100万円~)
ユニフォームやトレーニングウェア等へコーポレートロゴを掲出させていただきながら、企業様のニーズに合わせて様々なお取り組みを行うパートナーです。 掲出場所によって金額が異なり、パートナーカテゴリーも変わります。
4.サポートカンパニー(年間7~80万円)
規模の大小を問わず、この理念に共鳴し、その実現に向けて、ロアッソ熊本と手を携えて歩んでいただける企業・団体・個人様

【サポートカンパニーとしてご協賛頂きました企業様からの声 】

  • 『熊本』のチームを応援することで、社内連帯意識が高まり、社員の士気が上がった。
  • 「ロアッソ熊本」の応援を通じて、地場企業としての誇りをもてるようになった。
  • 「ロアッソ熊本を応援している店」として、顧客からの認知度が上がった。
  • 「ロアッソ熊本」のロゴマークを、対外的な発信物に使用したところ顧客や取引先との接点をつくることができた。

アクティベーション事例

CASE 01
スタジアムアクティビティ

平田機工株式会社:冠試合(サンクスマッチ)
ロアッソ熊本のホームゲームで実施される冠試合。企業名を冠した試合タイトルを呼称することができ、コンコースやピッチ上で様々なイベントを実施できるなど、企業PRに活用できる商品です。
平田機工様には過去2回サンクスマッチを実施いただき、そのいずれの試合でも、その日限定でしかもらえないタオルマフラーやTシャツを作成し配布するなど、様々な企画でスタジアムを演出いただき、両試合で10,000人を超える観客に来場いただきました。当日は平田機工社員の皆様にも多数運営に参加してもらいました。その中で日頃は接しない他部署間のコミュニケーションや、お客様に楽しんでいただくために一体感をもった接客ができたことなど、通常の業務とはまた違った達成感や社内交流ができたというお言葉もいただいております。
シアーズホームグループ:新入社員のご紹介
毎年実施頂いている冠試合において、必ず新入社員の皆様がスタジアムで業務運営に参加されます。来場者への入場ゲートでの配布物配布、ピッチ上での代表者挨拶時の後方整列、ハーフタイム時のサポーターへの挨拶巡回など、恒例イベントを長年継続して実施頂いております。自社の地域貢献事業を理解してもらうこと、また郷土のプロスポーツチームを支援している企業に入社したことに誇りを持ってもらうことなど、社員教育の一環として活用いただいております。
肌美和株式会社:PR ブース・コラボ商品販売等
認知度向上を目的にホームゲーム会場を活用してPR活動を実施していただいております。入場エリアにブースを設置して、商品販売会やサンプリング提供、抽選会の実施など、多様なアイデアによる様々な形態でスタジアムイベントを華やかなものにして頂いております。

CASE 02
地域貢献活動

株式会社九州エネコ:地域復興イベント
2020年7月豪雨の際、校舎一部が水没してしまい、近隣の他の学校の校舎を間借りして学校生活を送っている球磨村立渡小学校の生徒たちにフットサルゴールとフットサル用のボール10球を寄贈しました。この事業は九州エネコ様とロアッソ熊本が共同で行い、ロアッソ熊本からは同じく球磨郡の出身である宮原選手と樋口選手の動画による応援メッセージを子供たちにお届けし小学生の頃の思い出や当時の生活について、また夢を持って日々努力することの大切さなどを伝えさせて頂きました。また式典の後には寄贈されたゴールとボールを活用して、参加してくれた子供たちを対象にミニサッカー教室を実施しました。

CASE 03
商品開発

有限会社木之内農園:熊本復興応援プロジェクト
熊本地震から5年を迎える節目の2021年、改めて、ここから未来へと繋がる熊本の復興を応援していくために、「熊本復興応援プロジェクト」を立ち上げました。この「熊本復興応援プロジェクト」の一環で、今回、ロアッソ熊本のパートナー企業である有限会社木之内農園様とコラボレーションした「木之内農園×ロアッソ熊本頑張れ阿蘇!ロアッソくんの苺ジャム」を木之内農園内店舗にて販売しております。売上の一部が2023年夏頃に熊本地震からの全線復旧を予定しております「南阿蘇鉄道」へ寄付されるもので、阿蘇地域の観光資源として、そして地元住民の皆様の足として欠かすことのできない「南阿蘇鉄道」の全線復旧を、パートナー企業とクラブが連携して応援する取り組みとなります。

CASE 04
ロアッソ熊本を活用したアクティビティ

菊池地域農業協同組合(JA菊池):食育活動
「まんまキッズスクール」は、田植や稲刈り、牛の搾乳体験など年間6回の食育活動を通して、将来を担う子供達へ行う食育活動のための教室ですが、ロアッソ熊本のサッカー教室はその中のレクレーションとして毎年実施頂いており子供達に喜んでいただいております。また、その中の希望者から毎年ロアッソ熊本の観戦ツアーを実施しており、ピッチ上の散策や選手達とのハイタッチなど、通常は体験できない特別な機会を楽しんで頂きます。
株式会社キャップドゥー・ジャパン:業務改善プログラム
約3ヶ月間2週間に1度、アスリートクラブ熊本各部署担当者を対象に業務改善ミーティングを行いました。業務の棚卸しをするところからCAPDOサイクル(Check、Action、Plan、DO)を回していき、無駄をなくしより効率的な業務ができるように、デジタル化、DX推進も含め取り組んで参りました。

CASE 05
新しい価値共創

高橋酒造株式会社:白岳応援ハリセン
新型コロナウイルスの影響で声を出す応援が禁止される中、サポーターが考案して高橋酒造株式会社様の「白岳」の空きパックを活用した応援ハリセンが誕生しました。パートナー企業様商品をサポーターが消費して、空きパックを応援ハリセンとして活用し大きなクラップの音でスタンド全体からチーム・選手を鼓舞。ロアッソ熊本オリジナルの応援スタイルとして、もはや欠かせないものになりました。みんなの心がこもった三位一体の応援ツール。
https://shiro.hakutake.co.jp/n/n1635e0a6a980
株式会社マイナビ:産学連携プロジェクト
コロナ禍でも、県内の魅力あふれる企業の皆様と連携しながら、インターンシップを通じて学生のキャリアづくりをサポートしていく「ロアッソ熊本産学連携プロジェクト2021」をスタートしました。九州産交ランドマーク(株)様との連携では、学生達に県内有数の商業施設であるSAKURAMACHI KumamotoのPR広告を企画・デザインしてもらい、その広告を直接ファン・サポーターの皆様に届ける施策を実施してもらいました。また、J:COM様との連携では、将来メディア関連の仕事に携わりたいという想いを持つ学生の皆さんが、ロアッソ応援番組の企画・制作を通じ、実践現場での仕事を体験しました。JA菊池様との連携では、学生の皆さんが、農家さんやJA職員、消費者の皆さんと直接触れ合いながら、珍しい秋すいかの収穫・選果・販売を実践しました。

上記の事例に限らず、企業様のご要望に応じて様々なご提案が可能です。ご興味をお持ちの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
パートナーに関するお問い合わせ

ロアッソ熊本公式SNSアカウント

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line
  • youtube
image
平田機工
高橋酒造株式会社
RKKCS
アウトソーシングテクノロジー
肥後銀行
シアーズホーム
株式会社えがお
プーマアパレルジャパン
熊本日日新聞社
九州エネコ
郵船ロジスティクス
(株)磯崎工務店
株式会社アンサー・インターナショナル