【Jリーグ新人研修】試合運営業務ボランティア活動を実施

2021.03.21チーム

ロアッソ熊本では、Jリーグ新人研修の一環として試合運営業務ボランティアを実施しました。
3/20ホーム開幕戦の前日準備(3/19@えがお健康スタジアム)に5選手が参加、また試合当日(3/20)に1選手が参加し、フロントスタッフやスタジアムアテンダントの皆さんと一緒に、試合に向けての設営業務や試合当日の運営業務などを行いました。

【参加選手】
髙橋利樹選手(3/20参加)
菅田真啓選手、坂本亘基選手、東野広太郎選手、宮原愛輝選手、レオケンタ選手(3/19参加)

髙橋利樹選手

今回の新人研修を通して、ボランティアや関係者の方々のおかげで試合が成り立っている事を身をもって知る事ができました。
貴重な体験になりました。ありがとうございました。

菅田真啓選手

今回の運営ボランティアを行って、真剣にサッカーに打ち込めるのは、普段自分たちの見えないところで動いてくれている人達がいるからだと改めて感じました。
自分たちはサッカーで恩を返していけるように、これからも頑張らないといけないと思いました。

坂本亘基選手

リーグ戦1試合を行うために、たくさんの方の協力があって成り立っていることを改めて実感できました。
感謝の意を、選手は責任あるプレーで示していかなければならないと思いました。

東野広太郎選手

ホーム開幕戦の設営お疲れ様でした!
1試合をするために、たくさんの人が動いてくれていることがわかりました。
この経験は自分が試合に出るときにきっと力になると思います。短い時間でしたが、設営に参加させていただきありがとうございました。

レオケンタ選手

何らかの形でチームの助けになればと思い、スタジアムの準備を行うことができました。

宮原愛輝選手

普段できない運営ボランティアを行い、とても大変な作業ばかりで、とても良い経験になりました。自分たちが試合をできるのは、このような作業をされている方達のおかげなので、しっかり感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思いました。

image
平田機工
高橋酒造株式会社
サトウロジック
シアーズホーム
株式会社えがお
プーマアパレルジャパン
熊本日日新聞社
(株)磯崎工務店
株式会社アンサー・インターナショナル