天皇杯JFA第100回全日本サッカー選手権大会 大会方式について

2020.04.23試合情報

公益財団法人日本サッカー協会は、天皇杯実施委員会において、天皇杯 JFA 第 100 回全日本サッカー選手権大会につき、大会方式を大幅に変更して開催する方針を固められました。
第 100 回天皇杯は元来、全国 88 チームによるノックアウト方式で 5 月 23 日(土)、24 日(日)に開幕する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため延期を決定していました。その後も各種大会の延期・中止が相次いでいること、また何よりも J リーグのレギュラースケジュールの消化を考慮し、第 100 回天皇杯に限って出場チームを 50 チームに絞った 7 回戦のノックアウト方式とし、9 月の開幕としました。
現時点では 9 月 16 日(水)に開幕し、1 回戦から都道府県代表 32 チームが、9 月 23 日(水)の 2 回戦からアマチュアシード(Honda FC)、残りの都道府県代表 15 チームが出場します。Jリーグからは 2020 明治安田生命Jリーグ上位 2 チームのみが 12 月 27 日(日)に予定している準決勝から出場し、2021 年 1 月 1 日(金・祝)に決勝を開催します。

また、都道府県代表 47 チームは、所属する第 1 種加盟チームでJクラブを含まないとの大会方式の変更により、先日、ロアッソ熊本が熊本県代表に内定したお知らせをいたしましたが、今大会の熊本県代表としての当クラブの出場はございません。

詳しくは、下記大会ホームページをご覧ください。
【日本サッカー協会公式サイト・天皇杯 JFA 第100回全日本サッカー選手権大会大会方式について】

image
平田機工
高橋酒造株式会社
サトウロジック
シアーズホーム
株式会社えがお
プーマアパレルジャパン
熊本日日新聞社
(株)磯崎工務店
南九州コカ・コーラボトリング株式会社
株式会社アンサー・インターナショナル