ロアッソ熊本2018 シーズンユニフォームについて

2018.01.21その他

2018シーズン、ロアッソ熊本がJ2リーグ戦、天皇杯など全ての公式戦で着用するPUMA(プーマ)製のユニフォームデザインは以下の通りです。

モデル「PUMA TRIBES」(トライブス)

前年に引き続き「PUMA TRIBES」の昇華プリントモデル。フィールドプレーヤー1stユニフォームには、ロアッソ熊本ユニフォームで初めてストライプ柄を採用。チームカラーである「赤」に「黒」を加えた2色で、ロアッソ熊本のチームフラッグをイメージしています。
フィールドプレーヤー2ndユニフォームには昨年1stモデルとして使用したボーダー柄を採用しています。
ゴールキーパー1stユニフォームには昨年のフィールドプレーヤー2ndユニフォームに採用されていたグローリーモデルを採用。今までにないカラーリングでのインパクトと、ロアッソ熊本のゴールを守るゴールキーパーとして力強さを感じさせるブラックを基調としています。
ゴールキーパー2ndユニフォームにはフィールドプレーヤーと同じく、ボーダー柄を採用しています。

カラー

〔1st〕
FP:シャツ(赤・黒)、パンツ(赤)、ソックス(赤)
GK:シャツ(黒)、パンツ(黒)、ソックス(黒)

〔2nd〕
FP:シャツ(白)、パンツ(黒)、ソックス(白)
GK:シャツ(黄)、パンツ(黄)、ソックス(黄)

シンボルマーク「くまモン」

ユニフォーム背中・背番号下には、熊本のシンボルとして「ロアッソ熊本ユニフォーム姿のくまモン」が入ります。
※2018シーズンユニフォームに変更しています。

ホームタウンの表記

ユニフォーム右袖(Jリーグエンブレム下)には昨年に引き続き、下記内容にてホームタウン名が表記されます。
「熊本のシンボルでもある『熊本城』を表記することにより、ロアッソ熊本選手、サポーターが熊本ブランドを全国へ発信することによって、このユニフォームを着た全員が熊本復興のチカラとなるように」という想いが込められています。

ユニフォームサプライヤー

【企業名】プーマジャパン株式会社
【事業内容】プーマ製品製造販売
【代表者】代表取締役社長 中川 淳 様
【本社所在地】東京都品川区大崎2-1-1 Think Park Tower18F

image
平田機工
高橋酒造株式会社
サトウロジック
シアーズホーム
株式会社えがお
プーマアパレルジャパン
熊本日日新聞社
(株)磯崎工務店
株式会社アンサー・インターナショナル