MATCH

2022明治安田生命J2リーグ 16節

試合結果

5月14日(土)14:00~

ロアッソ熊本
試合終了
2-1
前半【2-0】
後半【0-1】

大分トリニータ
05月14日(土) ~

ロアッソ熊本
試合終了
2-1
前半
【2-0】

後半
【0-1】


大分トリニータ

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

田辺 圭佑 前半1分
【得点】
杉山 直宏 前半29分
【得点】
ハーフタイム0分
【選手交代】
エドゥアルド ネット (OUT)
野村 直輝(IN)
ハーフタイム0分
【選手交代】
中川 寛斗 (OUT)
藤本 一輝(IN)
竹本 雄飛 (OUT)
伊東 俊(IN)
後半12分
【選手交代】
黒木 晃平 後半14分
【警告】
田辺 圭佑 (OUT)
阿部 海斗(IN)
後半24分
【選手交代】
杉山 直宏 (OUT)
粟飯原 尚平(IN)
後半24分
【選手交代】
後半27分
【選手交代】
伊佐 耕平 (OUT)
サムエル(IN)
後半27分
【選手交代】
呉屋 大翔 (OUT)
梅崎 司(IN)
後半31分
【選手交代】
上夷 克典 (OUT)
羽田 健人(IN)
後半35分
【得点】
藤本 一輝
三島 頌平 (OUT)
酒井 崇一(IN)
後半42分
【選手交代】

ゲーム開催記録

競技場 昭和電工ドーム大分
入場者数 8,043人
天候 晴、弱風
気温/湿度 24,4℃、41%
ピッチ状態 全面良芝
キックオフ 14:00
コミッショナー 岩田 晃
主審 榎本 一慶
副審 櫻井 大輔、西水流 優一
第4の審判 村田 裕介
記録員 甲斐 省二

メンバー表

スタメン

ロアッソ熊本
GK 23 佐藤 優也
DF 2 黒木 晃平
DF 5 菅田 真啓
DF 3 イヨハ 理 ヘンリー
MF 15 三島 頌平
MF 6 河原 創
MF 7 田辺 圭佑
FW 18 杉山 直宏
FW 14 竹本 雄飛
FW 9 髙橋 利樹
FW 16 坂本 亘基
大分トリニータ
GK 1 高木 駿
DF 3 三竿 雄斗
DF 19 上夷 克典
MF 6 小林 裕紀
MF 11 下田 北斗
MF 21 エドゥアルド ネット
MF 23 中川 寛斗
MF 31 ペレイラ
MF 38 高畑 奎汰
FW 13 伊佐 耕平
FW 33 呉屋 大翔

控え選手

ロアッソ熊本
GK 1 田代 琉我
DF 4 酒井 崇一
DF 33 阿部 海斗
MF 10 伊東 俊
MF 32 藤田 一途
FW 11 粟飯原 尚平
FW 28 土信田 悠生
大分トリニータ
GK 24 西川 幸之介
DF 49 羽田 健人
MF 10 野村 直輝
MF 27 梅崎 司
MF 43 弓場 将輝
FW 18 藤本 一輝
FW 22 サムエル

監督

ロアッソ熊本
大木 武
大分トリニータ
下平 隆宏

コメント

ハーフタイムコメント

大木武監督 ・いまやっていることを続けていこう
・カバーリングをしっかりすること
・チャンスがあれば四角を狙おう
下平 隆宏監督 ・しっかりとビルドアップして自分たちのサッカーをしよう
・次の1点を取れば大丈夫
・冷静になって慌てないこと

試合終了後

大木武監督 後半は耐えたようなゲームでした。
早い時間に点が取れたのは良かったです。
今日のようなゲームはできるだけしたくないといいますか、前半は良いのですが後半耐えるようなゲームになってしまいましたので、もう少し後半も攻められようなゲームがしたいです。
それからサポーターの皆さんに対しては、勝ち点3取れましたので、笑顔で帰ってもらえるのは良かったと思います。
田辺圭佑選手 最後は厳しい時間が続きましたが、そこをみんなで耐えてくれて勝利できたことは本当に嬉しいです。
得点シーンは、相手が止まるということをスカウティングで言われていて、入りを大事にしようということも話していたので、その時間帯で点が取れて、髙橋選手から良いボールが上がってきたので決めるだけでした。
サポーターの皆さんの後押しは本当に力になっていますし、僕自身そこまで試合に絡めていないのでもっともっと貢献できるように頑張ります。
杉山直宏選手 前半の早い時間で2点取ることができて、後半1点は取られましたが、そのまま無事に勝つことができて良かったです。
得点シーンはうまく左サイドを崩してくれて、良いクロスを上げてくれたので、自分はとにかく枠に入れようという思いで蹴って、しっかり決められて良かったです。
ホームではあまり勝てていないので、次のホーム千葉戦では勝って、サポーターの皆さんと一緒に喜びを味わえるように頑張りたいと思います。
髙橋利樹選手 早い時間帯に先制点を取れて、立て続けに2点目を奪えたことが良かったと思います。勝てて本当にホッとしています。
試合を通して苦しい時間帯というのはどうしてもあると思うので、そういう時間に前線からプレッシャーをかけてチームを鼓舞できたのは良かったと思いますが、課題や改善点はたくさんあると思うので、そういったところは改善していきたいと思います。
多くのサポーターの皆さんが駆けつけてくださって、スタジアムに入ったときに鳥肌が立ちました。
次はホームで戦えるということですが、なかなかホームで勝てていないので、次こそは必ず勝って連勝したいと思います。
イヨハ理ヘンリー選手 終始難しい時間、ボールを握れない時間が続いたのですが、そういった中でも2点取って、勝ち点3取れたということは次につながると思うので、その点に関しては良かったなと思います。
最後のシーンは自分のミスから決定的なピンチを迎えてしまったので、何とか防ぎたいという気持ちからあのようなプレーが出来たと思います。
試合前から素晴らしい雰囲気を創ってくださりありがとうございました。
ホームでも勝ちたいという思いはみなさん持っていると思いますし、自分たちも勝利したいと思っていますので、どうか次のホームでも熱い声援をよろしくお願いいたします。
僕たちはその応援に応えられるように頑張ります。
image
平田機工
高橋酒造株式会社
RKKCS
アウトソーシングテクノロジー
サトウロジック
シアーズホーム
株式会社えがお
プーマアパレルジャパン
熊本日日新聞社
九州エネコ
(株)磯崎工務店
株式会社アンサー・インターナショナル