Photo Report

    記事一覧

    2014.07.26
    vs水戸ホーリーホック

    2014年7月26日(土)、「くまもと県民DAY」と銘打った夏休み最初のホームゲーム水戸ホーリーホック戦。 連敗の流れを止めるべく1万人以上の来場者がスタジアムへ足を運んでくれた。

    試合開始から積極的なプレーを見せる熊本は、澤田、齊藤、黒木、五領らの機動力と運動量でチャンスを演出。しかし、今季の課題でもあるチャンスは作るがモノにできないというこれまでと同様の試合運びを見せてしまう。そうしている中で迎えた39分、気を付けていた相手FWのポストプレーからセカンドボールを拾われて失点。前半終了間際のチャンスの後の失点を喫して後半へ。

    この嫌な流れを変えたのが後半から投入された巻。 巻が入ったことでやることが明確になったと選手たちが語ったように、巻の高さを活かす攻撃を展開。 効果はすぐに表れ51分、片山が自陣から巻へ送ったハイボールに巻が競り勝ち中央へ折り返す。そこに飛び込んだ橋本のシュートはGKに阻まれクロスバーに嫌われるが、跳ね返りに素早く反応した澤田が押し込み同点。 更に77分には、巻が身体を張って得たFKを養父が鮮やかに沈めて逆転。その後は水戸に決定機を作らせないままタイムアップ。大声援を力に連敗を止めることに成功し、是が非でも欲しかった勝点3を獲得、次の上位松本山雅戦に弾みをつけた。