Photo Report

    記事一覧

    2014.07.13
    vsモンテディオ山形(天皇杯)

    2014年7月13日(日)、天皇杯2回戦モンテディオ山形戦がホームうまスタで行われた。 昨年同様にリーグの悪い流れを天皇杯で断ち切りたい熊本は、スタメンにGK金井、MF上村とフレッシュな顔ぶれを起用。 負傷離脱していた仲間もスタメンに名を連ね、CBにはMF橋本を起用した。

    前半開始早々チャンスを掴んだのはホームの熊本。 右サイドからのクロスに澤田が頭で合わせて決定機を作り出すが、山形GKのファインセーブで幸先良く先制とはいかず。 その後も齊藤、澤田、中山、仲間が運動量豊富に山形ゴールを脅かすシーンを作り出し主導権を握る。 しかし、課題でもある最後の精度を欠き得点を奪うまでには至らず前半を終える。

    後半に入ると徐々に山形も反撃に出てくるが、この日CBに入った橋本の出足のいいインターセプトや園田の力強さ、金井のセーブで得点は許さず。 傾きかけた流れを引き戻すため、ベテランの原田、巻を投入し、得点を奪いにいくが、逆に一瞬の隙を突かれて終了間際にクロスから痛恨の失点。 その後すぐに藤本主を投入、アディッショナルタイムにはGK金井までも上げてゴールを目指したが最後までゴールが奪えず万事休す。2回戦で姿を消す形となった。