Photo Report

    記事一覧

    2014.03.02
    vsアビスパ福岡

    2014年3月2日(日)、ホームうまスタでついに2014シーズンが幕を開けた。 開幕戦の相手はいきなりのバトルオブ九州アビスパ福岡戦。 新生ロアッソ熊本の戦いに9,679人の観衆が詰め掛けた。

    注目のスターティングイレブンには、GK畑、DF園田、矢野、篠原、片山、MF橋本、養父、仲間、齊藤、中山、FW巻の名前が入った。 試合開始から積極的な姿勢を見せる熊本は福岡の3バックの裏のスペースを徹底的に突いて主導権を握る。 巻の高さを活かしたプレーに手を焼く福岡守備陣を圧倒。今年課題に挙げている守備でも前線からの労を惜しまないプレスで福岡のリズムをつくらせない。 試合が動いたのは33分。篠原が狙いにいったシュートを福岡の選手が倒してしまいゴール中央約30メートルの位置でFKを獲得。 養父が壁を修正している間に中山がボールを横に流し、後方で待ってた片山が豪快な左足シュート。一度右に曲がったボールが途中で左へスライスするスーパーゴールで幸先よく先制!狙い通りのサインプレーで2014初ゴールを片山が沈めて前半をリードして折り返す。

    後半、選手交代で勢いを取り戻したに見せた福岡だったが次にスコアを動かしたのはまたしても熊本。 後半7分、自陣深い位置でボールを奪った仲間が一気に加速しカウンター。そのままハーフラインを越えると仲間に引きつけられた福岡守備陣の後ろにできたスペースへ展開。そこに勢いよく走ってきたのがサイドバックの園田。福岡GKの位置を見定めダイレクトで左足でループシュート!絵に描いたようなカウンター攻撃が見事に決まりリードを広げる。 これで優位に試合を進めたかったところだが、5分後の後半12分に福岡に1点を返されまだまだわからない展開に。 しかし残り時間を身体を張った守備と効果的な交代で逃げ切り見事2011シーズン以来の開幕戦勝利を飾った。

    次節は同じく開幕戦を飾った松本山雅をうまスタに迎えての一戦。 2戦連続ホームで戦える利を活かして開幕ダッシュに繋げたい。