Photo Report

    記事一覧

    2010.11.28
    vs ギラヴァンツ北九州

    2010年11月28日(日)、第37節九州ダービーギラヴァンツ北九州戦!
    前期はロスタイムに痛恨の同点ゴールを奪われ最後の最後で勝点2を失う結果となっただけに、ホーム最終戦の今節は確実に勝点3をゲットし有終の美を飾りたいところ。

    スターティングイレブンには、ケガの片山に変わり西を起用。
    ベンチには退団が発表された藤田、渡辺、山内の名前が並ぶ。

    前半、今節が今季最終戦、そして与那城監督最後の試合となる北九州が気合いのプレーを見せる。
    ボールポゼッションは熊本が圧倒するが、昨年まで在籍していた小森田を中心とした守備陣がバイタルエリアの進入を許さない。
    攻撃はロングボール主体のカウンターが主であったが、左サイドを崩されてあわや!というシーンを作られる場面も。
    そして、前半30分過ぎにアクシデントが…
    これまで前線で起点となっていたファビオが負傷し、急きょカレンを投入。
    突然のアクシデントにも柔軟に対応し前半を0-0のまま終える。

    後半に入ると徐々に自力の差が出始め、北九州を圧倒し始める熊本。
    そして後半5分。ようやくゲームが動く。
    原田の思い切りのいいロングシュートが相手DFに当たり、こぼれ球を拾った大迫が右サイドを駆け上がってきた筑城へ。
    深い位置からのクロスに「和人さんならここに上げるはず」と中で待ち受けたカレンがヘディングでズドン。
    カレン、実に17試合ぶりのゴールで先制点!
    更にその3分後。相手コーナーキックをキャッチした南が素早く大迫へピンポイントフィード。
    南→大迫→カレン→原田→堤とつないで最後は再びカレンがゴール!
    高木監督が「練習通り」と話した自画自賛の電光石火のカウンターで追加点。
    後半32分には、疲れの見え始めた松橋に代えて藤田を投入。
    今季最後の勇姿を見ようと駆けつけた1万人の観衆が沸く。
    後半40分にはカレンからのパスを西がキッチリ?決めてダメ押し。
    ホーム最終戦を飾るには十分なスコアで勝利。

    次節は12月4日(日)今シーズン最終戦の札幌戦。
    目標の5位以内を目指し勝点3を奪いにいく!