ロアッソ熊本選手会が岡山県倉敷市真備地区を訪問

2018.07.17

7月17日(火)ロアッソ熊本選手会が、西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備地区の避難所を訪問しました。
ロアッソ熊本選手会を代表し、巻誠一郎選手、鈴木翔登選手、内山圭選手、似鳥康太選手が真備地区の避難所となっている二万小学校、岡田小学校、薗小学校を訪問し支援物資をお渡ししました。
続きはホームタウンレポートにて→
「ロアッソ熊本選手会が岡山県倉敷市真備地区を訪問」