『ロアッソ熊本“火の国もりあげタイ!”』プロジェクト

2017.01.10

弊クラブは、活動方針である「日本一地域に根ざしたクラブづくり」の具体的な取り組みの一環として、平成26年度(2014年)より『ロアッソ熊本“火の国もりあげタイ!”』プロジェクトを実施致しております。
このプロジェクトは、ロアッソ熊本の選手達が行政や地域住民の皆様との交流を図りながら、地域の「まちづくり」や「まちおこし」の応援を行い、共に熊本を盛り上げていくことを目的としています。
2017シーズンは、2016シーズンでの活動を震災のため延期しておりました下記6市区町村での実施となります。
ロアッソ熊本の選手5名を各市区町村のロアッソ熊本“火の国もりあげタイ!”として任命致します。
ロアッソ熊本“火の国もりあげタイ!”の任期は1月~12月までの1年間となり、最終的には熊本県内全49市区町村での実施を目標としております。

熊本市北区

植田龍仁朗選手、グスタボ選手、上里一将選手、嶋田慎太郎選手、菅沼 実選手

上天草市

三鬼 海選手、中山雄登選手、佐藤昭大選手、巻 誠一郎選手、上村周平選手

和水町

黒木晃平選手、村上 巧選手、安柄俊選手、田中達也選手、上原拓郎選手

産山村

岡本賢明選手、野村政孝選手、光永祐也選手、林 祥太選手、薗田 淳選手

嘉島町

イム ジンウ選手、園田拓也選手、平繁龍一選手、齋藤恵太選手、米原秀亮選手

多良木町

畑 実選手、片山奨典選手、ヤン サンジュン選手、八久保 颯選手、小谷祐喜選手