9月8日(土)大分戦にてCOOL CHOICEブースを出展

2018.09.20
ロアッソ熊本は、環境省が推進する地球温暖化対策に関する国民運動「COOL CHOICE(クールチョイス)」に賛同しています。
また、熊本市と連携してCOOL CHOICEの普及・啓発に取り組んでいます。
その一環として、9月8日(土)ホームゲーム・大分トリニータ戦にて、COOL CHOICEイベントを開催しました。
スタジアムコンコース内及び4ゲート外に出展したCOOL CHOICEブースでは、熊本市、熊本県、NPO法人くまもと温暖化対策センターのご協力のもと、水素の力で動く燃料電池自動車(FCV)の展示やパネル展示、リーフレットの配布を実施しました。
来場者の皆様へ向けた「COOL CHOICE」の賛同票の配布等の啓発活動では、ロアッソ熊本のイム選手、池谷選手も協力させて頂きました。
この日は、あいにくの天候にもかかわらず、多くの皆様にCOOL CHOICEブースにお立ち寄り頂き、選手達とふれあって頂きながら展示パネルの観覧やCOOL CHOICEへの賛同等していただきました。
また、スタジアム内の大型ビジョンでは、COOL CHOICEについてのイメージを分かりやすく表現した啓発映像を放映し、少しでも多くの方々に、「COOL CHOICE」=「賢い選択」が未来の地球環境のために今、必要であることを知ってもらえるよう努めました。
今回のイベントを通じて、来場者の皆様に「COOL CHOICE」という言葉や「燃料電池自動車(FCV)」、「電気自動車(EV)」、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」について知って頂く機会となっていれば幸いです。