2019明治安田生命J3リーグ 32節

試合結果

2019年11月24日(日) 13:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 1
0 前半 0
0 後半 1
SC相模原

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

村上 巧(out)⇒黒木 晃平(in) 後半06分[交代]  
中山 雄登(out)⇒伊東 俊(in) 後半16分[交代]  
  後半20分[交代] 稲本 潤一(out)⇒ヴィニシウス(in)
  後半25分[交代] 古川 雅人(out)⇒中川 創(in)
北村 知也 後半26分[警告]  
北村 知也(out)⇒三島 康平(in) 後半31分[交代]  
  後半32分[警告] ヴィニシウス
  後半33分[交代] 川上 エドオジョン 智慧(out)⇒川上 盛司(in)
  後半40分[得点] 大石 治寿

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
相模原ギオンスタジアム 2,264人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴のち曇、弱風 21.0℃/64% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
中原 美智雄 花川 雄一 伊東 知哉、原田 雅士 西田 裕貴 岩永 義貴

メンバー表

ロアッソ熊本   SC相模原
GK 22 山本 海人
DF 23 小谷 祐喜
DF 6 村上 巧
DF 39 鈴木 翔登
DF 24 高瀬 優孝
MF 14 中原 輝
MF 31 岡本 知剛
MF 8 上村 周平
MF 27 中山 雄登
FW 9 原 一樹
FW 13 北村 知也
スタメン
原田 岳 32 GK
加納 錬 17 DF
丹羽 竜平 15 DF
阿部 巧 24 DF
平石 直人 13 MF
千明 聖典 38 MF
稲本 潤一 6 MF
古川 雅人 22 MF
梶山 幹太 7 FW
川上 エドオジョン 智慧 14 FW
大石 治寿 27 FW
ロアッソ熊本   SC相模原
GK 1 畑 実
DF 3 小笠原 佳祐
DF 4 酒井 崇一
MF 2 黒木 晃平
MF 10 伊東 俊
MF 15 坂本 広大
FW 11 三島 康平
控え選手
田中 雄大 1 GK
川上 盛司 23 DF
中川 創 31 DF
上米良 柊人 26 MF
ヴィニシウス 28 MF
伊藤 大介 39 MF
ギリェルミ 2 FW
渋谷 洋樹 監督 三浦 文丈

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・中から守備をすることを忘れないこと。
・クロスはチャンスがあれば入ること。
・相手を圧倒するぐらいの攻守の切り替えを意識すること。

試合終了後

渋谷監督
今日も会場入りする時に、たくさんのファン・サポーターが我々に後押しの声援をいただき、果敢に挑みましたが、相模原さんの粘り強い守備をこじ開けられず、本当に悔しい残念な結果で、我々は今日は勝利をするということで、ピッチで立ち向かって、選手達は必死に戦った結果、負けてしまったので、私の責任だと感じています。選手達が相手に何もさせないぐらい圧力をかけてプレーをしましたが、やはりサッカーは一つのプレーで失点してしまう、全てスキなくサッカーをやることは難しいと感じましたが、その部分もしっかりやって勝つということができなければいけないと思います。ただ、しっかりと我々の主導権もありましたが、チャンスをしっかり決めきれないと、このようなゲームになると痛い思いをしたので、次はホーム最終戦なので切り替えて、気持ちの準備をして、わずかな望みかもしれませんが、わずかな望みに掛けられるような形で勝利できるよう準備をしていきたいと思います。
鈴木選手
勝利が必要なゲームで、勝点を落としたことは残念。試合が残されている限り、前を向いてやり続ける。遠くまで来てくれて、ホームのような声援をもらったサポーターの方々には申し訳ない。ただ、ゲームは残されている以上、前を向いてやるしかない。ボールは保持できていたし、チャンスを作れていたシーンもあったし、スコアが動かなかったことは課題で、反省しなければならない。トレーニングで取り組んできたことは、しっかり共有しながらできていたので、やれていたこともあるので、ネガティブではない。
原選手
勝たなければいけない試合で、勝てなかったことが全て。ボールを保持することはできた中で、シュートまで行けていない、形ができていない。攻撃に関して言えば、ペナルティエリア周りでどれだけできるか。残り2試合、残っているので、次のホーム戦に向けてやっていきたい。点を取ることにこだわっているし、取ってないからこそ勝てていない。次はホーム最終戦なので、しっかり点を取って勝ちたい。サポーターの皆さんは諦めないで応援してくれて、今シーズンにかける思いは伝わってきたし、勝てない自分達が不甲斐ない。サポーターの声援に応えて、全力で戦いたい。