2019明治安田生命J3リーグ 24節

試合結果

2019年9月29日(日) 13:05キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
2 - 2
1 前半 1
1 後半 1
カマタマーレ讃岐

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

三島 康平 前半05分[得点]  
  前半09分[得点] 森川 裕基
北村 知也(out)⇒高瀬 優孝(in) 後半11分[交代]  
  後半23分[交代] 木島 徹也(out)⇒木島 良輔(in)
中原 輝(out)⇒伊東 俊(in) 後半25分[交代]  
  後半37分[得点] 中村 亮
八久保 颯(out)⇒原 一樹(in) 後半38分[交代]  
  後半39分[交代] 福家 勇輝(out)⇒ペ スヨン(in)
原 一樹 後半44分[得点]  
  後半45+1分[警告] 上村 健一監督
  後半試合終了後分[警告] 松下邦昭コーチ

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
Pikaraスタジアム 2,179人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、弱風 30.0℃/54% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
石橋 智之 川俣 秀 坂本 晋悟、松尾 明徳 佐々木 宏晃 吉川 清統

メンバー表

ロアッソ熊本   カマタマーレ讃岐
GK 22 山本 海人
DF 2 黒木 晃平
DF 3 小笠原 佳祐
DF 39 鈴木 翔登
DF 7 片山 奨典
MF 14 中原 輝
MF 27 中山 雄登
MF 8 上村 周平
MF 19 八久保 颯
FW 13 北村 知也
FW 11 三島 康平
スタメン
清水 健太 1 GK
柳田 健太 20 DF
竹内 彬 30 DF
麻田 将吾 5 DF
荒堀 謙次 4 DF
森川 裕基 11 MF
佐々木 渉 14 MF
重松 健太郎 19 MF
中村 亮 29 FW
木島 徹也 13 FW
福家 勇輝 21 FW
ロアッソ熊本   カマタマーレ讃岐
GK 21 野村 政孝
DF 4 酒井 崇一
DF 24 高瀬 優孝
MF 6 村上 巧
MF 10 伊東 俊
MF 15 坂本 広大
FW 9 原 一樹
控え選手
瀬口 拓弥 24 GK
ペ スヨン 3 DF
武下 智哉 31 DF
赤星 雄祐 8 MF
高木 和正 10 MF
澤田 健太 25 MF
木島 良輔 33 FW
渋谷 洋樹 監督 上村 健一

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・絶対に守備を疎かにしないこと。
・攻撃では距離感を意識しよう!
・中でコミュニケーションを取ること!

試合終了後

渋谷監督
今日は非常に暑い中、讃岐さんのサポーターも、熊本から来た我々ロアッソ熊本のサポーターも最後まで応援を続けてくれたにも関わらず、残念ながら引き分けという結果で終わったことは、我々が目標を達成するには、非常に痛い引き分けになったと思います。
ゲームについては、我々が準備してきたことがしっかり結果に出た、相手の特徴であるところで失点をしてしまった、というところでの準備に関しては私自身反省しています。攻撃においても思っていた以上にマンツーマン色が強かったので、そこでのボールの動かしや、途中までは少しスムーズにはいかなかったですが、途中から選手が対応してくれて、ボールをしっかり動かして、決定機を何度か作って、割れたらカウンターが危ない部分がありましたが、その部分は仕留められず、セカンドボールを拾われて失点してしまいました。今までのロアッソ熊本、私もそうですが、これで終わるところですが、最後に原選手が同点となる得点を取ってくれたことは、本当に嬉しく思いますし、この勝点1を次に繋げたいと思います。
今日、選手達は1点ビハインドになってからも、足を止めずにプレーしてくれたことが同点に繋がったので、次はFC東京U-23と戦いますが、前回対戦で負けているので、良い準備をして次に向けて、しっかり勝利できるよう頑張っていきたいと思います。
三島選手
勝点3が欲しかったので、悔しい気持ちが強いが、逆転された状態で最後に追いつくことができたことは良かったが、もう1点欲しかった。
(得点について)今週あのようなクロスからのトレーニングをやってきて、試合でもできたし、片山選手が良いボールをくれたので、合わせるだけだった。
後半はクロスに合わせる場面が何度もあったので、もう1点取りたかった。もっと迫力あるプレーをしたい。今日は90分プレーすることができたことは良かった。サイドからのチャンスの回数ももっと増やしたい。
原選手
勝点3を取るために来たので、勝点1は悔しい。ゴールを取れたことは嬉しかったが、勝点1だったことは悔しい。勝点3を取るために戦いたい。ピッチに立つ前に逆転となる失点があったので、1点取ろうと、逆転するチャンスもあったが、チームとして点を取れなかった。常にゴールを取るために準備をしたい。これまでも古巣相手にゴールを取ってきたので、今日も取れると思っていたので、取れたことは自分にとっても大きかった。応援してくれた方々の前でピッチに立てたことは良かった。しっかり良いコンディションを保って頑張りたい。
小笠原選手
前線の選手が複数得点をしたのに、複数失点してしまったことは守備の責任があると思う。
(1失点目について)自分のポジションが曖昧だったので、後ろのポジションにいなければいけないところにいなかったことは反省。失点してはいけない時間帯だった。
(2失点目について)中原選手や片山選手のところでマンツーマン気味に付いてきていたので、個人で上回るのか、コンビネーションで崩すのか、中で縦パスを打ち込んだ中での失点で、(チャンスになるかピンチになるか)どちらにも転ぶような展開だったので、カウンターでもっとうまく守備できたのではないか、もっと早いタイミングでゴールを取られた選手に寄せるべきだったが、チームとしてプレーで適応していかなければいけないが、もっと早くボールホルダーに寄せるべきだった。
諦めずにやっていき、優勝できるよう頑張ります。