2018明治安田生命J2リーグ 第42節

試合結果

2018年11月17日(土) 14:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
3 - 0
0 前半 0
3 後半 0
愛媛FC

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

鈴木 翔登 前半06分[警告]  
  ハーフタイム[交代] 安藤 淳(out)⇒玉林 睦実(in)
伊東 俊 後半07分[得点]  
上村 周平 後半12分[得点]  
  後半14分[交代] 藤本 佳希(out)⇒有田 光希(in)
  後半24分[警告] 林堂 眞
佐野 翼(out)⇒八久保 颯(in) 後半28分[交代]  
  後半29分[交代] 小暮 大器(out)⇒丹羽 詩温(in)
伊東 俊(out)⇒黒木 晃平(in) 後半31分[交代]  
田中 達也 後半35分[得点]  
中山 雄登(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半38分[交代]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
えがお健康スタジアム 5,647人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、弱風 20.4℃/41% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
﨑谷 誠一 上村 篤史 間島 宗一、蒲澤 淳一 吉田 哲朗 印南 静男

メンバー表

ロアッソ熊本   愛媛FC
GK 30 佐藤 昭大
DF 4 園田 拓也
DF 5 植田 龍仁朗
DF 39 鈴木 翔登
MF 14 田中 達也
MF 27 中山 雄登
MF 8 上村 周平
MF 7 片山 奨典
FW 17 佐野 翼
FW 11 皆川 佑介
FW 31 伊東 俊
スタメン
岡本 昌弘 1 GK
小池 純輝 14 DF
安藤 淳 8 DF
林堂 眞 23 DF
前野 貴德 5 DF
藤本 佳希 19 MF
田中 裕人 16 MF
野澤 英之 6 MF
小暮 大器 17 MF
吉田 眞紀人 28 FW
近藤 貴司 7 FW
ロアッソ熊本   愛媛FC
GK 1 畑 実
DF 23 小谷 祐喜
DF 24 高瀬 優孝
MF 2 黒木 晃平
MF 19 八久保 颯
MF 50 水野 晃樹
FW 18 巻 誠一郎
控え選手
原 裕太郎 22 GK
玉林 睦実 3 DF
禹 相皓 30 MF
有田 光希 9 FW
丹羽 詩温 15 FW
西田 剛 18 FW
河原 和寿 20 FW
渋谷 洋樹 監督 川井 健太

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・守備面では前線の選手は早くポジションをとること。コンパクトにすること。全体的に声をかけながらプレーすること。
・ボールや人に対し、執着したプレーができるかどうかが勝利のカギになる。自分の力を全て出して、勝利を掴み取ろう!
川井監督(愛媛)
・前半は悪くない。
・後半テンポを上げよう。
・今シーズンあと45分、もう一つ欲を出して、もう一つギアを上げていこう。

試合終了後

渋谷監督
今日も最終節ホーム、我々はなかなか結果が出ないなか、今日も5,600人のファン、サポーターの方が我々になんとか勝利をということで来ていただいて、我々がその後押しで今日勝てたことは、本当に大きなことだなと自分自身思います。今日ご来場されていた方々の声援が後押しとなって、私達が勝利できたと思います。今日の勝利は、ファン、サポーターの勝利だと自分自身思っています。今週は勝利のために最高の練習をして、最高の試合をして、最高の勝利をしてという目標を立てて、しっかりやってきました。それを叶えられる選手は、本当に素晴らしいと。この順位にいる選手でもありませんし、チーム自身もないと私は思っています。ただ、私自身の力不足がこの順位になったと思います。選手達はどんなに厳しい時も苦しい時も、選手・スタッフが下を向かず、前を向いてやったことが最後の勝利に繋げられたので、私自身も勉強になりましたし、この勝利を来季に繋げられれば良いと思います。今日のゲームは相手の戦い方、我々のやったことがいろいろとありますけれども、やっぱり勝ちたいという執念、執着心が勝利に届いたのではないかと思いますので、こういう思いをもって戦うことが、もっと早い段階からできれば、我々はもっとたくさん勝利をあげられたのではないかと思うので、今日の勝利をこれからどのような形で報われるか、報われないか分かりませんが、最終節ホームで勝ったことは、本当に皆さんの今までの苦労を少し和らげられたかなと自分自身では思います。ただ、21位という結果、この結果についての責任は私自身すごく重く感じていますし、どんなことがあってもこの順位にいてはいけないと私自身思っていましたが、J2リーグも厳しい戦いが続くとすごく感じたので、なんとかそれより上にとやってきましたが、すでに遅しという形になっていますので、あとは他力で最後21位に留まって、可能性を残したまま他のチームの動向で下に落ちるか、上に留まるかという難しい状況ですが、1年間、選手・スタッフ、クラブ関係者の方々、スポンサーの方々、ボランティアの方々、育成・スタッフの方々には本当に我々に後押ししていただいて、支えていただいたことにまず感謝します。クラブの歴史、10年前にJ2リーグに上がって、毎年J2リーグで戦うために携わってきた方々が、今、J2からJ3に降格する厳しい形になるかもしれないことに本当に申し訳なく思います。継続してきたものを一つ崩してしまう可能性があるので、大変申し訳なく思います。我々は結果としては失敗です。でもこの失敗をしっかりと受け止めて、来季は絶対に強くなると信じていますし、強くならなければいけないと思っていますので、絶対に諦めないで戦って参りますので、ロアッソ熊本をたくさんご声援していただきたいと思います。
佐藤選手
サポーターの皆さんには感謝の気持ちが多く、結果が出ないなかでも応援してくれたが、今の順位で申し訳なく思います。今年最後のゲームで、監督のサッカーが一番できた。サッカーはなかなか成長回復は難しいが、自分達が成長していかないと、どの順位にいくのも難しいので、来季残るメンバーで上積みして、成長したロアッソを見せられると良い。J2残留は他力になるので、悔しさしかない。ロアッソサポーターは諦めることなく、常に声援を続けてくれるし、暖かいサポーターが支えてくれるロアッソが誇れるクラブになれるよう頑張りたい。
上村選手
去年も今年も21位で厳しいシーズンになった。たくさんの人に申し訳ない気持ち。個人的にはいつも通りの気持ちで戦ったし、絶対勝つということはチームであったので、3-0で勝つことができて良かった。(2点目について)試合通してボランチを中山選手と良いバランスでやれて、チャンスがあったら前に絡んでいこうと思い、チャンスがあって、伊東選手が打ってくださいという丁寧な落としがあったので、振るだけだった。まさか自分がゴールを取るとは思っていなかったので、自分でもビックリだったし、ここまで熱い応援をしてくれたサポーターの前に、体が自然に行って、サポーターもすごく喜んでくれた。1年を通して試合に出させてもらって、良い時も悪い時もあったが、ボランチとしてゲームコントロールやゲームを鼓舞する声が大事になってくるので、自分でも変わってきたところだと思う。自分がアカデミー出身で、トップチームの勝敗によっては自分も悔しい思いもしてきたので、その思いを2年間アカデミーにさせてしまったのは申し訳ないと思う。
田中選手
今シーズン最後の試合に勝ってホッとしている。年間通しての結果は残念で悔しい思い。(9ゴール12アシストについて)個人的に成長できたシーズンだったし、仲間や信じて使い続けてくれた監督に感謝。2年連続でこの成績は悔しい気持ちで本当に残念。(1点目アシストについて)皆川選手が勢いをもって来てくれていたので、伊東選手がフリーになれたし、あそこまで全力で走り込んでくれた皆川選手と伊東選手に感謝している。カウンターは狙い通り。(3点目について)皆川選手の動き出しを見て、良いボールをくれて良かった。
巻選手
降格圏は確定していて、自分達の不甲斐なさでいっぱい。試合数も出場時間もあまりないなか、なかなか影響力を与えられず、申し訳ないシーズンだった。僕らは常に勝利にこだわりをもって追求するべきだと思って、結果に対してのアプローチができていなく、最後の試合で勝利できて良かったし、この勝利が1年やってきたことをうやむやにならないよう、こうなった原因を追求しなければいけないし、クラブも2年連続でこのような結果になったことを、自分自身も自問自答して、クラブとも話をしていかなければいけない。今日の勝利は個人的に良かったと思っている。自分は自分ができることに専念して、試合に向けて最高の準備をして、勝利で終わって、周りの状況はどうすることもできないし、いろんな条件もあるので、この順位で終わったことは現実としてあるので、目をそらさないようにしなければいけない。
佐野選手
練習から4バックと3バックの相手の守備のやり方をしっかりと渋谷監督がやってくれたので、とてもやりやすかったです。僕自身、前半は少し緊張もあってなかなか自分らしいプレーを出せなかったですけど、後半はやっと試合にも馴染めてきて、やっている方もとても楽しかったし、見ている方も楽しんでもらえたんじゃないかと思えるような、とてもいいサッカーができたと思います。
(シーズンを通して)なかなか試合に絡むことができなくて、本当に悔しい一年でしたけど、最後にこうやってチームの力に少しでもなれたということは、この一年無駄じゃなかったと思えるので、これからももっともっと上を目指してやっていきたいです。
本当にこのシーズン、苦しい一年でしたけど、こうやって最後、(サポーターの皆さんが)スタジアムに足を運んでくれて、その中で勝ち点3を取れたというのは本当に良かったと思います。この1年の修正点を来年に活かして、もっと魅力的なサッカーで勝てるチームになっていきたいです。