2018明治安田生命J2リーグ 第27節

試合結果

2018年8月5日(日) 19:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 1
0 前半 1
0 後半 0
ツエーゲン金沢

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

  前半17分[得点] 加藤 大樹
安 柄俊(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半12分[交代]  
村上 巧 後半19分[警告]  
中山 雄登(out)⇒水野 晃樹(in) 後半29分[交代]  
伊東 俊(out)⇒上里 一将(in) 後半32分[交代]  
  後半32分[交代] 宮崎 幾笑(out)⇒金子 昌広(in)
  後半36分[交代] 清原 翔平(out)⇒マラニョン(in)
  後半41分[交代] 加藤 大樹(out)⇒杉浦 恭平(in)
  後半45+1分[警告] 作田 裕次

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
えがお健康スタジアム 3,894人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、弱風 30.1℃/62% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
川上 覚 岡 宏道 穴井 千雅、関谷 宣貴 上田 隆生 山田 清

メンバー表

ロアッソ熊本   ツエーゲン金沢
GK 1 畑 実
DF 13 多々良 敦斗
DF 6 村上 巧
DF 15 青木 剛
MF 14 田中 達也
MF 27 中山 雄登
MF 8 上村 周平
MF 31 伊東 俊
MF 2 黒木 晃平
FW 9 安 柄俊
FW 11 皆川 佑介
スタメン
白井 裕人 23 GK
毛利 駿也 16 DF
庄司 朋乃也 39 DF
作田 裕次 3 DF
沼田 圭吾 45 DF
宮崎 幾笑 10 MF
藤村 慶太 26 MF
梅鉢 貴秀 33 MF
加藤 大樹 17 MF
清原 翔平 7 FW
垣田 裕暉 19 FW
ロアッソ熊本   ツエーゲン金沢
GK 30 佐藤 昭大
DF 24 高瀬 優孝
DF 39 鈴木 翔登
MF 20 上里 一将
MF 33 坂本 広大
MF 50 水野 晃樹
FW 18 巻 誠一郎
控え選手
田尻 健 22 GK
石田 崚真 13 DF
廣井 友信 27 DF
大橋 尚志 6 MF
杉浦 恭平 11 MF
金子 昌広 14 MF
マラニョン 29 FW
渋谷 洋樹 監督 柳下 正明

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・守備面では、チャンジサイドをさせない意識をもつこと。
・攻撃面では、ペナルティエリアに入り込むパワーをもつこと。
・まず1点を取りにいくために、アグレッシブに!
柳下監督(金沢)
・それぞれの役割を続けよう。
・正しいポジションからプレスをかけよう。
・自分達からのミスをなくそう。

試合終了後

渋谷監督
今日はスタートから金沢さんのターゲットに行って、そこのセカンドボールに我々が後ろ向きのプレーが多かったと思います。本来であれば、これだけたくさんのファン、サポーターの方々が来た中で、我々が圧倒するサッカーを見せなければいけないのに、前半のスタートがそのような形、またカウンターで失点という形で、今日観戦に来られた方々が満足していないゲームをしてしまったことに、本当に申し訳なく思います。ゲーム内容がどうこうよりも、終わった後にあのような形で我々に声援を送っていただいていることに非常に感謝していますし、我々に叱咤激励だと私自身は思っています。本来ならば、ホームで負けることはあってはならないことですし、ブーイングや罵声を浴びるのが普通だと思いますが、ロアッソ熊本ファン、サポーターの方々の温かい声援を忘れずに、次の横浜FC戦では今日の悔しさをしっかりと我々が真摯に受け止め、今日声援をくれたファン、サポーターの方々に勝利をおくりたいです。
巻選手
これだけ多くのサポーターが来ていた中で、このような結果になることが不甲斐ない。自分達の力の無さ、毎回同じような形で失点して、サポーターを落胆させて帰すことが不甲斐ない。勝ちたい思いが一番で、チームとして何が自信がないのか、どこかでパワーを持ってピッチの中で発信しないと変わらないと思うが、今日は何かポジティブなものをもたらしたいと思って入った。毎回同じような形で勝利できずに、戦術よりもプロとしてここまで勝てないとどうなんだと自分達で受け止めなければいけない。夏休みでたくさんの子ども達も来てくれた中で残念。ここまで勝てない中でも、それでも試合は続くので、ポジティブな部分を見つけて、団結して、勝点3を取るために、普段のトレーニングから出していく。サポーターと一緒に一つのチームとして戦っていきたい。
上村選手
11戦勝ちなしで、ホームなので、勝ちにいける試合だったので、もったいない。自分から攻撃のスイッチを入れるところ、縦パスを意識するところはできたところもあるし、できなかったところもある。自分達のゲームができてないかと言えば、そうでもないし、先制する試合もあるので、最後のところでどれだけ絡めるか、最後のところでどれだけ足を伸ばして触れるかというところを個人個人がトレーニングでやっていかなければいけない。アンカーをやっている以上は、ピッチのまとめ役にならなければと、声を出すことを意識する、舵をとる選手にならなければいけない。
畑選手
結果が一番欲しい中で、0-1という結果で負けてしまったことはとても残念です。久々の試合で、チームも勝てない中で、どうしても勝ちが欲しかったですけれども、前半に失点してしまって、取り返せなかったので残念です。監督からは「いつも通りやれ」と言われて、自分も調子が良かったし、いつも見てくれていたので、期待に応えたかったですけれども、勝てなくて残念です。この12試合勝てていない中で、またホームで勝てていない中で、あのような声援をもらって、これを力に変えないといけないですし、逆に悔しい気持ちも湧いてきたので、次もまたホームでやれるので、次は勝って、応援歌を歌ってもらえるように。皆頑張っているし、練習から100%出しているとは思いますが、頑張っているだけ結果も出ていないですし、勝点を取らなければいけない。チーム全員が同じ方向を向いていくために、一人一人の声かけやコミュニケーションを取って、次(8/11横浜FC戦)に向けて、そこをトレーニングの中でしっかりやっていきたいと思います。
村上選手
ホームで勝点3を取ることができずに残念です。相手の特徴であるカウンターを抑えようと、選手達と話し合ったんですけれども、自分達のミスから、相手の良いところにボールを出させてしまって失点してしまい、そこから盛り返すことができずに悔しいです。自分達はいつも盛り返す力があって、自分はDFの選手ですが、前の選手達を信じてプレーしていました。最後追いつくことができずに非常に悔しいです。ホームで本当に情けない試合をしてしまって、それでも自分達のことを応援してくれているというサポーターがいて、来週もホームでできるので、サポーターのためにも勝利を届けることができればと思います。