2018明治安田生命J2リーグ 第9節

試合結果

2018年4月15日(日) 13:04キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0
東京ヴェルディ

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

  後半24分[交代] カルロス マルティネス(out)⇒梶川 諒太(in)
中山 雄登(out)⇒上村 周平(in) 後半31分[交代]  
  後半40分[交代] ドウグラス ヴィエイラ(out)⇒林 陵平(in)
皆川 佑介(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半42分[交代]  
安 柄俊(out)⇒佐野 翼(in) 後半45+4分[交代]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
えがお健康スタジアム 10,011人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴時々曇、弱風 18.8℃ / 53% 全面良芝、乾燥 0分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
佐々木 理 川俣 秀 小曽根 潮、塚田 健太 津野 洋平 藤山 直秀

メンバー表

ロアッソ熊本   東京ヴェルディ
GK 30 佐藤 昭大
DF 23 小谷 祐喜
DF 15 青木 剛
DF 4 園田 拓也
MF 14 田中 達也
MF 27 中山 雄登
MF 32 米原 秀亮
MF 19 八久保 颯
MF 2 黒木 晃平
FW 11 皆川 佑介
FW 9 安 柄俊
スタメン
上福元 直人 21 GK
田村 直也 23 DF
井林 章 3 DF
畠中 槙之輔 4 DF
平 智広 5 DF
内田 達也 8 MF
渡辺 皓太 33 MF
井上 潮音 20 MF
カルロス マルティネス 22 FW
奈良輪 雄太 24 FW
ドウグラス ヴィエイラ 9 FW
ロアッソ熊本   東京ヴェルディ
GK 36 似鳥 康太
DF 5 植田 龍仁朗
DF 7 片山 奨典
MF 8 上村 周平
MF 22 上原 拓郎
FW 17 佐野 翼
FW 18 巻 誠一郎
控え選手
柴崎 貴広 1 GK
若狭 大志 2 DF
林 昇吾 15 DF
佐藤 優平 16 MF
梶川 諒太 38 MF
林 陵平 11 FW
高井 和馬 26 FW
渋谷 洋樹 監督 ミゲル アンヘル ロティーナ

コメント

ハーフタイムコメント

渋谷監督(熊本)
・プレーでサポートすることを忘れないこと。
・背後のスペースを意識すること。
・見にきてくれた方々、熊本の方々に勝利を届けよう!
ロティーナ監督(東京V)
・リスク管理をしっかりしよう。
・攻守の切り替えを早く。
・セカンドボールを先にさわろう!

試合終了後

渋谷監督
今日は復興支援マッチで、たくさんの方が来場いただいて、地震からまだ2年しか経ってなく、困難な状況の方もいて、私は今年から(熊本の)監督をやっているのでテレビなどで良く見ていましたが、本当にまだまだ困難な状況は変わらないですが、その中で我々がサッカーができていることは本当に感謝しなければいけないし、今日はその感謝をしっかりとプレーで見せるということで、選手達が最後まで粘り強く戦っていたと思います。今日、ご来場いただいている方、県民の方々にも、ファン・サポーターの方々にも力で最後まで選手達が戦ってくれた結果、今日はスコアレスドローでしたが、非常に見応えのある、攻守においてタフに戦ったプレーを見せられた。本来ならば我々はホームなので勝利を届けたいと強く思っていて、選手達も最後まで勝とうという意識がありましたが、東京ヴェルディさんの失点が少ないチーム、粘り強く戦うチームなので、今日は結果は届けられませんでしたが、我々の力を届けられたのではないかと思うので、今日の試合を見にこられた方、DAZNで見ている方、何も見ずにロアッソを応援してくれた方々に少しでも力を与えられたと思います。今日の勝点1をしっかりともって、今後のリーグ戦にそれをつなげていきたいと思います。ゲームについては、選手達が前半からタフに戦って、攻撃面でももっとパスを一つ通したら、もしかしたらビッグチャンスができるのかなとかありましたが、本当に前へ前への意識が強くて、いろんな状態だったと思いますが、もう少し冷静にやれれば良かったかなと思いますが、それも含めて特別な1日ということでは、選手達の前への意識、前進する、そういう姿を見せることはできたと思います。今まで練習試合、公式戦含めて、0で抑えることがなかったので、今日失点0で抑えたことが非常に収穫ですし、今後は失点0で得点を取れるようにやっていこうと思うゲームでした。
佐藤選手
勝つための準備をして、特別な日の特別なゲームを全力でプレーして勝つところを見せたいと思って試合に入った。今できるベストを尽くして戦って、0−0だったので、まだ自分達の力が足りないと感じたし、日々努力して、次は勝ちたい。
まだ仮設住宅に住んでる方も多くて、元気を届けたいと招待して、そのプレーを少しでも見せれたかなと思う。スポーツの力は意義のあることだと思うので、このような取り組みは継続して取り組みたい。サッカーやバスケットボールなどのプロスポーツがあることをもっと見せていきたい。
無失点で抑えられたことは、皆が体を張って、ハードワークで守ってくれたが、個人としては勝ちたかった。元気を届けられる様なゲームで、常に前を向いて全力でプレーする、結果を示し続けられるチームでありたい。
巻選手
震災から2年経って、スタジアムにも少しずつ笑顔が戻って、熊本にも笑顔が戻ってきて、僕らももっと皆さんを元気にする試合にしたい。この2年間、たくさんの熊本の皆さんとサポーターの皆さんに支えられてきましたし、今日は僕らにとって特別な試合で勝点3を取って、明日からまた頑張ろうと思ってもらいたかった。今日はすごいスタジアムの雰囲気だった。最後まで勝点3を目指して得点を取りたいという思いでピッチに立って、感謝の気持ちが大きい。これだけたくさんの人にスタジアムを真っ赤に染めてもらって、最後まで諦めずに戦うことをピッチで表現しようと思った。サッカー選手なので、まずはピッチ上で皆さんを元気にできることが第一だと思うし、この熊本の皆さんが苦しい時、暗い気持ちになった時に心の拠り所になるクラブ、選手になりたい。困難な時が起きた時に1歩ずつ前に進むクラブ、人間でありがたいと思う。
全国のサッカーファミリーに発信できる立場にいるので、少しでも上位にいって、熊本は元気だよという思いで進みたい。
黒木選手
これだけたくさんの人も入って、注目されているので、何としてでも勝って、注目してくれる方々、お客さんに良い勝利を届けたかったので、次のアウェイ・京都戦で勝ちたい。良い攻撃時はあったが仕留めきれなかった。また来てもらいたいという試合をしたい。自分達は毎試合、試合をして普通に戻りつつあるが、まだまだ苦しい方々もいるので、先頭に立って引っ張っていきたい。