2016明治安田生命J2リーグ 41節

試合結果

2016年11月12日(土) 14:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
1 - 0
1 前半 0
0 後半 0
FC岐阜

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

清武 功暉 前半35分[得点]  
  後半08分[警告] 田代 雅也
  後半11分[交代] 野垣内 俊(out)⇒風間 宏矢(in)
  後半17分[交代] 小野 悠斗(out)⇒高地 系治(in)
平繁 龍一(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半28分[交代]  
村上 巧 後半29分[警告]  
岡本 賢明(out)⇒上原 拓郎(in) 後半34分[交代]  
齊藤 恵太(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半42分[交代]  
  後半42分[交代] 難波 宏明(out)⇒瀧谷 亮(in)
  後半45+4分[退場] 田代 雅也

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
うまかな・よかなスタジアム 6,306人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
曇、弱風 21.5°C / 43% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
久留米 浩次 上村 篤史 山村 将弘、森川 浩次 大矢 充 印南 静男

メンバー表

ロアッソ熊本   FC岐阜
GK 30 佐藤 昭大
DF 4 園田 拓也
DF 15 小谷 祐喜
DF 5 植田 龍仁朗
DF 7 片山 奨典
MF 29 齊藤 恵太
MF 6 村上 巧
MF 14 キム テヨン
MF 17 岡本 賢明
FW 10 清武 功暉
FW 11 平繁 龍一
スタメン
常澤 聡 1 GK
阿部 正紀 2 DF
田代 雅也 30 DF
磐瀬 剛 35 DF
冨士 祐樹 18 DF
野垣内 俊 17 DF
水野 泰輔 28 MF
小野 悠斗 23 MF
田中 パウロ淳一 7 MF
レオミネイロ 33 FW
難波 宏明 24 FW
ロアッソ熊本   FC岐阜
GK 1 畑 実
DF 23 藏川 洋平
DF 33 薗田 淳
MF 22 上原 拓郎
MF 39 嶋田 慎太郎
MF 41 菅沼 実
FW 36 巻 誠一郎
控え選手
ポープ ウィリアム 22 GK
岡根 直哉 4 DF
鈴木 潤 20 DF
青木 翼 5 MF
高地 系治 6 MF
風間 宏矢 14 MF
瀧谷 亮 36 FW
清川 浩行 監督 吉田 恵

コメント

ハーフタイムコメント

清川監督(熊本)
・後半の入りに注意。0-0だと思ってやること。
・バックパスはせず、前に出していこう。
・あと45分!倒れるまで走って、しっかりやり切ろう。
・相手にスキを与えないこと。
吉田監督(岐阜)
・セカンドボールをひろおう。
・気持ちで負けない。あせらずやれると信じよう。
・攻撃は動きをつくること。守備はラインコントロールをしっかりやろう。

試合終了後

清川監督
ホーム最終戦に多くのファン、サポーターが駆けつけていただいて、本当にありがたく思っています。厳しいゲームになると分かっていましたし、岐阜さんは勝点3を取りにくるし、こちらは引分でも良いという条件はありましたが、立ち上がりから勝点3を取りにいくというサッカーのなかで、前半圧力をかけながら良い形で点が奪えました。後半は体力的な部分も含めて下がってしまう部分が多くなってきたので、選手を代えたり、システムを変えながら凌ぐ時間が多くなりました。最後、勝って残留を決めたことは良かったと思っています。しかし、1年を通して目標にしていた昇格プレーオフに遠い勝点で終わってしまったということは、自分の責任だと思います。
清武選手
後半、苦しい時間が長かったが、DF陣が耐えてくれて勝つことができた。(得点シーンについて)左から良い展開で崩しができて、園田選手から良いボールが来て取れた得点。今日は先制点が重要だと思っていて、決めることができて安心したのと同時に、引き締めなければと思った。J2残留が決まり、安心感とホッとした気持ちが1番。今年はすごく大変なシーズンだったし、県民皆さんの力がなければ、ここまで試合はできなくて、苦しいシーズンだった。まだ1試合あるが、ホームで勝って残留を決めれて嬉しかったし、次は未来につながる試合にして熊本に戻ってきたい。皆さんが被災してつらい中で応援していただいて感謝していますし、たくさんのパワーをもらって、本当に嬉しかった。
小谷選手
本当に今日の試合に使ってもらえたことに感謝しています。今日も出れるか出れないかというところで使ってもらって、チームのことだけを考えて戦うことだけ考えていた。危ない場面もあったが、体を張って守ってくれて嬉しい。相手はカウンターを狙ってくるので、後ろでしゃべって狙いをつぶせるようにしていたし、カウンターのトレーニングもしていたので、良い準備ができた。もっと早く残留を決めて、一つでも上を目指してきたが、ホームで応援してくれるなかで勝てて残留を決めることができたことは良かった。(次の最終戦は契約の関係上、出場できないことについて)本当の気持ちは試合に出たいし、相手も相手で、熊本のためにプレーしたかったが、そのなかでも今日、使ってくれたことは感謝していますし、(恩を)返せるようプレーしていた。成長させてもらえた幸せな半年間で、サッカー以外の面でも熊本で過ごすことは楽しくて、サッカー選手として幸せだった。どんな時でも苦しい時でも後押ししてくれてありがとうございます。
巻選手
ホーム最終戦だし、苦しいシーズンで、今日の試合は残留が決まる大事な試合で、気持ちや体の面でも最大限準備して挑んだ。本当にいろんなことがあって、自分たちの思い通りにいかないシーズンだったが、支えてくれたサポーターや熊本の皆さんに感謝しかない。残留したが、未来につながる試合だと自分たちでも共有して、来年はJ1を目指したい。主導権を握ってプレーをすることがなかなかできず、改善するところはゴールをとることだが、最後はチーム一丸となって失点が減ったので、取り組んでいかなければいけない。まだバックスタンドは使えない状況だが、いろんなメッセージのつまった幕をかかげてくれて、それも後押しになった。来年は真っ赤なスタジアムでプレーできると願っている。このスタジアムでプレーできることが当たり前になっているが、1試合1試合感謝する気持ちでプレーしたい。1年間苦しい思いをさせてしまったので、最後は皆で笑って終わりたいと思っていたので、勝利は良かった。