2016明治安田生命J2リーグ 37節

試合結果

2016年10月23日(日) 13:04キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 0
0 前半 0
0 後半 0
カマタマーレ讃岐

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

  前半39分[警告] 永田 亮太
  後半01分[警告] 山本 翔平
平繁 龍一(out)⇒岡本 賢明(in) 後半25分[交代]  
嶋田 慎太郎(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半37分[交代]  
  後半45+1分[交代] 木島 徹也(out)⇒アラン(in)

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
Pikaraスタジアム 2,524人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
曇、無風 21.7℃ / 58% 全面良芝、水含み 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
石橋 智之 上田 益也 塚越 由貴、櫻井 大輔 西山 貴生 吉川 清統

メンバー表

ロアッソ熊本   カマタマーレ讃岐
GK 30 佐藤 昭大
DF 4 園田 拓也
DF 15 小谷 祐喜
DF 5 植田 龍仁朗
DF 7 片山 奨典
MF 6 村上 巧
MF 14 キム テヨン
MF 39 嶋田 慎太郎
FW 29 齊藤 恵太
FW 10 清武 功暉
FW 11 平繁 龍一
スタメン
清水 健太 1 GK
渡邉 大剛 5 DF
萩野 広大 20 DF
永田 亮太 7 DF
砂森 和也 4 DF
西 弘則 23 MF
山本 翔平 26 MF
高木 和正 10 MF
馬場 賢治 11 MF
仲間 隼斗 19 FW
木島 徹也 13 FW
ロアッソ熊本   カマタマーレ讃岐
GK 1 畑 実
DF 33 薗田 淳
MF 2 黒木 晃平
MF 17 岡本 賢明
MF 22 上原 拓郎
MF 41 菅沼 実
FW 36 巻 誠一郎
控え選手
瀬口 拓弥 24 GK
藤井 航大 3 DF
藤田 浩平 6 MF
綱田 大志 15 MF
アラン 14 FW
ミゲル 18 FW
森川 裕基 29 FW
清川 浩行 監督 北野 誠

コメント

ハーフタイムコメント

清川監督(熊本)
・奪ったボールを動かせるところでは、もっとテンポ良く動かそう。
・全体でもっと反応を早くしよう。
・後半の入りはしっかりと集中すること。
北野監督(讃岐)
・立ち上がりが大事。集中して後半に入ろう。
・思い切りを持ってシュートを打とう。
・前半より徹底して後半45分にのぞもう。

試合終了後

清川監督
ロアッソサポーターが讃岐に駆けつけてくれて、本当に感謝申し上げます。
試合はお互いに勝点3を取りたいということで、徹底して攻撃を仕掛けてきて、そこを凌いで、セカンドボールを拾って攻撃につなげていこうと、皆タフにそこは戦ってくれたと思います。前半は長いボールに対してのセカンドボールを一つ二つ落ち着いて動かすことができれば、もう少しゴール前に攻め込むチャンスがあったと思いますが、なかなかその機会を作れずにいました。後半はそこをマイボールにして、サイドからクロスだったり、中へ入れていく攻撃が少しできたかなと思います。最終的に勝点1をアウェイで取れて、次につながるゲームをやっていきたいと思います。
平繁選手
相手のバイタルで受けにいこうとやっていたが、前半はボールが落ち着かず、讃岐が蹴ってきて、そこに合わせてしまった。どうしても堅い試合になると思っていたが、後半はうまく相手のスペースで受けれたので、もう少し早い時間からできていれば。もっと自分にボールを出してもらいたい場面もあったが、ボールが出るタイミングなどはトレーニングからもっと要求していきたい。
岡本選手
今日は勝ってもおかしくない状況だったし、拾った勝点1を自分たちに生かせるように頑張りたい。間でボールを受けれる感じがあったし、指示もあって、受けてリズムを作りたいと思っていた。もっと数多くできたと思うし、もらい方も改善するところもあるので、1週間調整して次は勝ちたい。
キムテヨン選手
相手は最初から蹴ってくることが分かっていたし、蹴られて相手に取られるときついし、相手はあまり出てこなかった。勝点3を取りたかったし、巻選手が出て、力を出して攻めることができれば良かったが、点を取れなくて悔しい。次はホームでやれるので負けたくないし、大事な試合なので勝点を取りたい。