2016明治安田生命J2リーグ 35節

試合結果

2016年10月8日(土) 16:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
1 - 1
1 前半 0
0 後半 1
ザスパクサツ群馬

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

園田 拓也 前半06分[警告]  
  前半10分[交代] 高橋 駿太(out)⇒常盤 聡(in)
清武 功暉 前半21分[得点]  
  後半05分[得点] ハク ゴン
  後半08分[警告] 松下 裕樹
  後半20分[交代] 常盤 聡(out)⇒吉濱 遼平(in)
菅沼 実(out)⇒嶋田 慎太郎(in) 後半26分[交代]  
上村 周平(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半36分[交代]  
  後半38分[交代] 小林 竜樹(out)⇒イ ガンウ(in)
  後半41分[警告] イ ガンウ
齊藤 恵太(out)⇒岡本 賢明(in) 後半45分[交代]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
うまかな・よかなスタジアム 4,281人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
雨、弱風 27.3℃ / 79% 全面良芝、水含み 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
井上 勝博 藤田 和也 村田 裕介、正木 篤志 和角 敏之 衛藤 薫

メンバー表

ロアッソ熊本   ザスパクサツ群馬
GK 30 佐藤 昭大
DF 4 園田 拓也
DF 15 小谷 祐喜
DF 5 植田 龍仁朗
DF 22 上原 拓郎
MF 38 上村 周平
MF 14 キム テヨン
MF 6 村上 巧
FW 29 齊藤 恵太
FW 10 清武 功暉
FW 41 菅沼 実
スタメン
清水 慶記 1 GK
船津 徹也 2 DF
坪内 秀介 4 DF
乾 大知 5 DF
松下 裕樹 30 MF
中村 駿 32 MF
ハク ゴン 8 MF
小林 竜樹 6 MF
瀬川 祐輔 26 MF
山岸 祐也 25 MF
高橋 駿太 13 FW
ロアッソ熊本   ザスパクサツ群馬
GK 21 金井 大樹
DF 7 片山 奨典
DF 33 薗田 淳
MF 17 岡本 賢明
MF 27 中山 雄登
MF 39 嶋田 慎太郎
FW 36 巻 誠一郎
控え選手
鈴木 雄太 21 GK
川岸 祐輔 16 DF
一柳 夢吾 19 DF
吉濱 遼平 15 MF
マテウス 10 MF
常盤 聡 17 FW
イ ガンウ 38 FW
清川 浩行 監督 服部 浩紀

コメント

ハーフタイムコメント

清川監督(熊本)
・後半も、初めから仕切り直しという気持ちで続けていこう。
・前からの守備にいくときは、後ろもラインを上げて全体でいくこと。
・絶対、ゆるめないこと!立ち上がりからしっかりいこう!
服部監督(群馬)
・やることを整理しよう!
・自信を持ってやる。もっとシュートを打とう!
・チャレンジ&カバーをしっかり

試合終了後

清川監督
雨の中、たくさんのファン、サポーターの皆様が集まってくれて本当に感謝しています。試合は立ち上がりに点を取って、後半、もう一度締め直すところでしたが、ワンプレーで流れを一気にもっていかれて、その後のコーナーから失点してしまい、その場面は徹底して、この雨の状況で前へという形は伝えていたんですけれども、少し手数が多くなったところを、相手に勢いをもっていかれて、1点取られてから、なかなか相手の勢いを止めることができず、選手を交代させてながら、なんとか1点を取ろうと出ましたが、消されてしまったゴールもありますが、最後まで選手たちは雨の中、非常にアグレッシブにやってくれたと思います。
清武選手
先制したので、もったいないゲームになった。後半の入りが、あのような形になってしまったのが全て。ここ数試合、いろんなチャンスがあって、点を取れなくてモヤモヤしていたが、今日、1点取れて良かったが、勝ちに繋がらなかったので、次に向けて頑張りたい。この雨の中、たくさんの方々が応援してくれてありがたいし、勝ちを見せれれば良かったが、終盤戦になり勝点を取れているので、勝点を取っていきたい。負けない戦いでしっかり勝点を最低でも引き分けで勝点を取れるよう頑張りたい。ここ数試合、チームがしっかりつないで、自分のところに持ってきてくれているが決めることができず申し訳なかったので、今日は決めれて良かった。自分自身、勢いづいて点を取らないといけないと思うので、勝利に向けて頑張りたい。
村上選手
結果が出なかったので残念。アグレッシブにいけたのは良かったが、結果がでなかったので残念。今年はシーズン前に怪我をして、迷惑をかけていたので、挽回しようと思ってプレーした。チームの勝利に貢献できるよう残りの試合を頑張りたい。チャンスはいつもより作れていたので、最後の勝負どころや精度が低くて勝ち切れなかったので、精度や球際でもしっかりいければと思う。
巻選手
順位が近いチームでしたし、ホームゲームで勝点3がどうしても欲しいゲームだった。長い時間プレーしてチームに貢献できれば良いが、チームとしての役割もあるし、求められているものを、チームに良い形で還元できれば良いのですが。特にこういう展開のなかで厳しい試合は、声援やパワーが自分たちの足を動かして、ゴールに迫るパワーをもらえる。まだ厳しい試合が続くが、何度もパワーをもらえればと思う。
(ヘディングシュートがゴールネットを揺らしたが、ファールとなったシーンについて)自分自身プロとして、あのような形で何十回も何百回もゴールを取ってきたので、正当なゴールだと確信して喜んだが、非常に残念な結果になったし、試合は続きますし、判定は覆らないし、Jリーグの魅力や皆さんの伝えたい思いはサッカーの醍醐味なので、切り替えて大きな力をもらったので、次に挑みたい。