2016明治安田生命J2リーグ 20節

試合結果

2016年6月26日(日) 18:04キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
3 - 2
1 前半 0
2 後半 2
FC岐阜

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

髙柳 一誠 前半23分[警告]  
髙柳 一誠 前半43分[得点]  
  ハーフタイム[交代] 難波 宏明(out)⇒瀧谷 亮(in)
  後半13分[警告] 岡根 直哉
  後半23分[得点] 田代 雅也
嶋田 慎太郎(out)⇒中山 雄登(in) 後半24分[交代]  
  後半26分[交代] 風間 宏矢(out)⇒田中 パウロ淳一(in)
岡本 賢明(out)⇒薗田 淳(in) 後半27分[交代]  
アンデルソン(out)⇒巻 誠一郎(in) 後半33分[交代]  
藏川 洋平 後半43分[得点]  
  後半43分[交代] 阿部 正紀(out)⇒益山 司(in)
  後半45+3分[得点] 瀧谷 亮
キム テヨン 後半45+5分[得点]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
岐阜メモリアルセンター長良川競技場 4,507人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、弱風 24.2℃ / 61% 全面良芝、水含み 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
佐々木 理 吉田 寿光 小椋 剛、馬場 規 内田 康博 末永 隆

メンバー表

ロアッソ熊本   FC岐阜
GK 30 佐藤 昭大
DF 23 藏川 洋平
DF 4 園田 拓也
DF 5 植田 龍仁朗
DF 7 片山 奨典
MF 8 髙柳 一誠
MF 14 キム テヨン
MF 17 岡本 賢明
MF 39 嶋田 慎太郎
FW 9 アンデルソン
FW 10 清武 功暉
スタメン
高木 義成 21 GK
阿部 正紀 2 DF
田代 雅也 30 DF
岡根 直哉 4 DF
磐瀬 剛 35 DF
風間 宏矢 14 MF
水野 泰輔 28 MF
田森 大己 15 MF
高地 系治 6 MF
難波 宏明 24 FW
レオミネイロ 33 FW
ロアッソ熊本   FC岐阜
GK 21 金井 大樹
DF 33 薗田 淳
MF 2 黒木 晃平
MF 22 上原 拓郎
MF 27 中山 雄登
MF 38 上村 周平
FW 36 巻 誠一郎
控え選手
ポープ ウィリアム 22 GK
益山 司 19 DF
苅部 隆太郎 27 DF
秋葉 勝 8 MF
小川 雄大 32 MF
田中 パウロ淳一 7 FW
瀧谷 亮 36 FW
清川 浩行 監督 ラモス 瑠偉

コメント

ハーフタイムコメント

清川監督(熊本)
・後半も入りはすごく大事!
・相手へのプレッシャーは続けていくこと。
・テンポ良く。前線との関係をつくって。
ラモス瑠偉監督(岐阜)
・チャンスは必ずものにすること!
・落ちついてプレーすること。
・集中して戦うこと。

試合終了後

清川監督
今日も熊本からたくさんのサポーターが来てくれて感謝しています。また試合後に温かく迎えてくれた岐阜のサポーターの皆様にも感謝しています。試合は良い形で点が取れて、1-0で試合を終えたかったんですけれども、後半終了間際に失点したが、最後まで諦めず攻撃して1点取ってまた1点取られて、最後1点取って、最後はオープンな戦いになりましたが、結果として選手達は勝点を持って帰ることができます。
髙柳選手
7年ぶりのゴール。良い崩しから取れたと思う。園田選手からの縦パスを清武選手に入れて、清武選手が良いところに落とし、アンデルソン選手も絡んで、点を取れた。5連戦で、修正ポイントもあるが、勝ったことで勢いは自分たちの考え方次第。勝つことで勢いがつくと思うので、5連戦を1戦1戦勝ちを積み上げていきたい。
藏川選手
(得点について)ボールが来そうな感じがしていて、巻選手が前に相手DFを引っ張ってくれた。結構、練習していたコースだったので、最初のコントロールがうまくいったし、ボールを受けた段階でシュートだと思った。勝てて良かった。最初はうまく入りきれずにミスも多かったので、上で戦うためには、もっと精度を上げないといけない。個人もチームももっと成長できると思う。これで勢いも出ると思うので、次も良い準備をして臨みたい。
キムテヨン選手
(得点について)胸トラップした時に、相手がいなくなったので、ゴールしか見えてなかったし、思いっきり打ったら無回転で入った感じだった。最後のプレーだったので、ボールにしか集中していなくて、枠に入れようとしか思っていなかった。このような試合で負けるのはもったいないし、最後まで諦めない気持ちだった。これでやっと勝てたと思った。中2日で大変だが、一つ一つ大事なので、勝点を取っていきたい。5連戦の最初を勝てたことは大事。