2011Jリーグディビジョン2 36節

試合結果

2011年11月20日(日) 16:04キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 1
0 前半 1
0 後半 0
横浜FC

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

根占 真伍 前半22分[警告]  
  前半33分[得点] 藤田 祥史
大迫 希(out)⇒長沢 駿(in) 後半12分[交代]  
ファビオ(out)⇒ソン イニョン(in) 後半21分[交代]  
  後半24分[警告] 中野 洋司
  後半29分[交代] 寺田 紳一(out)⇒荒堀 謙次(in)
吉井 孝輔(out)⇒片山 奨典(in) 後半32分[交代]  
  後半32分[警告] 佐藤 謙介
チョ ソンジン 後半32分[警告]  
  後半34分[警告] カイオ
  後半43分[交代] 野崎 陽介(out)⇒三浦 知良(in)
  後半45分[交代] 難波 宏明(out)⇒小野瀬 康介(in)

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING) 7,752人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、中風 11.0℃ / 45% 前面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
柴岡 登美男 福島 孝一郎 今岡 洋二、田中 利幸 田島 宏則 藤山 直秀

メンバー表

ロアッソ熊本   横浜FC
GK 18 南 雄太
DF 15 市村 篤司
DF 16 矢野 大輔
DF 2 チョ ソンジン
DF 8 原田 拓
MF 5 エジミウソン
MF 22 吉井 孝輔
MF 23 根占 真伍
MF 14 武富 孝介
FW 27 ファビオ
FW 13 大迫 希
スタメン
関 憲太郎 31 GK
藤田 優人 39 DF
渡邉 将基 20 DF
森本 良 28 DF
中野 洋司 26 DF
寺田 紳一 17 MF
佐藤 謙介 23 MF
難波 宏明 9 MF
野崎 陽介 13 MF
カイオ 10 FW
藤田 祥史 25 FW
ロアッソ熊本   横浜FC
GK 1 岩丸 史也
DF 24 筑城 和人
MF 7 片山 奨典
MF 25 西森 正明
MF 30 仲間 隼斗
FW 9 長沢 駿
FW 32 ソン イニョン
控え選手
シュナイダー 潤之介 1 GK
柳沢 将之 2 DF
井手口 正昭 22 MF
荒堀 謙次 24 MF
小野瀬 康介 40 MF
エデル 7 FW
三浦 知良 11 FW
高木 琢也 監督 岸野 靖之

コメント

ハーフタイムコメント

高木監督(熊本)
・これから2点取りにいくぞ!
・ボールを入れて、しっかり競っていくこと。
・もっとクロスをいれていこう。
岸野監督(横浜FC)
・相手のロングフィードへの対応をしっかり集中してやろう!
・もっとサイドに展開していこう。
・立ち上がりの入り方に気をつけよう!

試合終了後

高木監督
今日は残念なゲームだった。選手は最後まで頑張ってくれたが、なかなか点が入らず、最後まで逆転できなかった。横浜の攻撃にDF陣は粘り強くやっていた。失点シーンは、横浜の寺田選手のラストパスはプレッシャーを受けながらだったので、よくパスを出せたなと思ったが、我々がスペースを作ってしまった点は反省しなければいけない。メンタル的に難しいゲームだが、切り替えて勝つことに前向きにプレーしてくれたことは満足だが、結果が出なくて残念。力が足りない証なので頑張っていきたい。次節はホーム最終戦だが、アグレッシブにプレーして、1年間サポーターにお世話になった恩を返すという気持ちで臨みたい。
大迫選手
ボールに触る回数が少なかったので、触ってリズムを作らないといけなかった。選手間のポジションが広いのが原因でボールがつながらず、長いボールが多くてボールに触る回数が少なくてリズムを作れなかった。
エジミウソン選手
今日は、フィジカルコンタクトが多い試合で、パスを回せる状況ではなく、本当に残念だった。サッカーをする上で、選手間の距離は大事だが、フィジカルコンタクトがあったし、我々が負けてた部分もあったので、皆、努力していたが結果につながらず残念。1戦1戦モチベーションを高く持ちながらプレーしているが、ホーム最終戦なので、サポーターに勝利を見せてあげなければいけないので、努力して頑張っていきたい。
南選手
本当に残念な気持ち。終盤、結果がついてきておらず、本当にきつい状況。一つ一つのプレーに厳しさ、勝負にこだわるプレーをしないといけない。次節ホーム最終戦は、どんな内容でもいいので勝って一緒に喜びたい。