2011Jリーグディビジョン2 33節

試合結果

2011年10月30日(日) 13:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
0 - 3
0 前半 1
0 後半 2
コンサドーレ札幌

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

原田 拓 前半11分[警告]  
  前半13分[得点] 河合 竜二
仲間 隼斗(out)⇒ソン イニョン(in) ハーフタイム[交代]  
  後半14分[交代] ジオゴ(out)⇒古田 寛幸(in)
  後半17分[交代] 内村 圭宏(out)⇒岡本 賢明(in)
武富 孝介(out)⇒片山 奨典(in) 後半18分[交代]  
廣井 友信 後半24分[警告]  
  後半25分[得点] 近藤 祐介
吉井 孝輔(out)⇒根占 真伍(in) 後半28分[交代]  
  後半45分[交代] 砂川 誠(out)⇒岩沼 俊介(in)
  後半45+3分[得点] 岡本 賢明

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
札幌厚別公園競技場 9,337人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
曇、中風 14.6℃ / 53% 前面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
河本 弘 扇谷 健司 中原 美智雄、藤井 陽一 藤田 稔人 川野 恭司

メンバー表

ロアッソ熊本   コンサドーレ札幌
GK 18 南 雄太
DF 15 市村 篤司
DF 28 菅沼 駿哉
DF 4 廣井 友信
DF 24 筑城 和人
MF 8 原田 拓
MF 22 吉井 孝輔
MF 25 西森 正明
FW 14 武富 孝介
FW 13 大迫 希
FW 30 仲間 隼斗
スタメン
李 昊乗 16 GK
日高 拓磨 2 DF
山下 達也 23 DF
奈良 竜樹 37 DF
高木 純平 7 DF
河合 竜二 4 MF
宮澤 裕樹 10 MF
砂川 誠 8 MF
内村 圭宏 13 MF
近藤 祐介 32 MF
ジオゴ 11 FW
ロアッソ熊本   コンサドーレ札幌
GK 1 岩丸 史也
DF 16 矢野 大輔
MF 7 片山 奨典
MF 23 根占 真伍
MF 26 田中 俊一
FW 17 齊藤 和樹
FW 32 ソン イニョン
控え選手
曵地 裕哉 28 GK
岡山 一成 34 DF
岩沼 俊介 6 DF
古田 寛幸 15 MF
岡本 賢明 17 MF
横野 純貴 24 FW
上原 慎也 26 FW
高木 琢也 監督 石崎 信弘

コメント

ハーフタイムコメント

高木監督(熊本)
・後半はゲームの入りをよくすること。頭から100%で!
・セカンドボールの勝負になるので意識すること。
・ミドルシュートを打てる時は狙っていこう。
石崎監督(札幌)
・セカンドボールをしっかり拾って攻撃につなげていこう。
・守備の時、DFのブロックに穴を空けないように。
・まだ45分終わっただけ、残り45分集中を切らさずにのぞもう。

試合終了後

高木監督
遠い所まで駆けつけてくれたサポーターに勝利をプレゼントできず残念だが、サポートに感謝しています。札幌は試合巧者というイメージ。アタッキングサードでは仕事をさせてもらえなかった。立ち上がりに1点取られたことが全てで、立ち上がりはラフなゲームが予想されたが、決めるか決めれないかという差が0-3までいってしまった。負けたゲームだが、悲観することなく、点を取る、攻めることを続けていきたい。今日の課題はゲームの入りが良くなかったこと。
吉井選手
試合の立ち上がりの入りが悪かった。相手のプレッシャーもかかっているなか、先制点を入れられてしまったことが痛かった。ミーティングでも前からどんどんいこうと話をしていたが、ポジションの位置取りが悪かったのかなと思う。がむしゃらにやるだけでなく、頭を使ったプレーもやっていかなければいけないが、最後まであきらめず続けていきたい。