2011Jリーグディビジョン2 11節

試合結果

2011年5月8日(日) 16:03キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
1 - 0
1 前半 0
0 後半 0
コンサドーレ札幌

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

長沢 駿 前半41分[得点]  
  後半12分[交代] 古田 寛幸(out)⇒砂川 誠(in)
  後半18分[交代] 近藤 祐介(out)⇒岡本 賢明(in)
  後半20分[警告] 河合 竜二
  後半24分[交代] 三上 陽輔(out)⇒チアゴ(in)
武富 孝介 後半28分[警告]  
長沢 駿(out)⇒ファビオ(in) 後半34分[交代]  
武富 孝介(out)⇒吉井 孝輔(in) 後半39分[交代]  
仲間 隼斗(out)⇒松橋 章太(in) 後半44分[交代]  
エジミウソン 後半45+2分[警告]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING) 5,709人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
晴、中風 27.6℃ / 43% 全面良芝、乾燥 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
榎原 徹夫 今村 亮一 犬飼 一郎、藤井 陽一 和角 敏之 藤山 直秀

メンバー表

ロアッソ熊本   コンサドーレ札幌
GK 18 南 雄太
DF 15 市村 篤司
DF 4 廣井 友信
DF 16 矢野 大輔
DF 2 チョ ソンジン
MF 14 武富 孝介
MF 5 エジミウソン
MF 8 原田 拓
MF 7 片山 奨典
FW 30 仲間 隼斗
FW 9 長沢 駿
スタメン
李 昊乗 16 GK
日高 拓磨 2 DF
山下 達也 23 DF
河合 竜二 4 DF
岩沼 俊介 6 DF
芳賀 博信 18 MF
宮澤 裕樹 10 MF
古田 寛幸 15 MF
高木 純平 7 MF
近藤 祐介 32 MF
三上 陽輔 22 FW
ロアッソ熊本   コンサドーレ札幌
GK 21 木下 正貴
DF 24 筑城 和人
MF 22 吉井 孝輔
MF 23 根占 真伍
MF 27 ファビオ
FW 10 松橋 章太
FW 11 宇留野 純
控え選手
曵地 裕哉 28 GK
チアゴ 3 DF
櫛引 一紀 25 DF
ブルーノ 5 MF
砂川 誠 8 MF
岡本 賢明 17 MF
横野 純貴 24 FW
高木 琢也 監督 石崎 信弘

コメント

ハーフタイムコメント

高木監督(熊本)
・前半はアグレッシブでプレスバックもできていて、良いゲームだった。後半もこのバランスとリズムを崩さないこと。
・押し込んでいる状況では、ボールサイドに入るなどして、もっとつなぐことを意識しよう。
・2点目を絶対取りにいくこと!
石崎監督(札幌)
・点を取られるまでは、ロングボール、そのこぼれ球の対応もしっかりできていた。
・カウンターを仕掛けられた時、ボランチを中心にもっと時間をかけさせよう。
・攻撃はもっと勇気をもってボールを動かしていこう。こちらのチャンスと思ったらスピードアップしよう。

試合終了後

高木監督
ここ最近のゲームで押し込みながら点が取れず、勝星を取れなかった。今日は得点こそ1点だったが、いろんなプレーの中でチームの変化に対しての対応ができていて、それを見ることができたので、勝点3以上に価値があった。相手がもっと出てくると思っていたので意外な展開だったが、良い守備から攻撃ができたことは良かった。このゲームの勝因は、セカンドボールを取れたこと、切り替えの速さが相手より上回ったこと。これを続けてコンスタントに良いゲームを続けていきたい。エジミウソンを起用したのは、連戦で回復する時間が少ない中で、ダブルボランチにして疲れを軽減させたこと。今日のエジミウソンは、球際の強さや視野の広さ、テンポの良さを感じ、90分は無理かと思ったが、想定以上に良かったと思う。カウンターからの得点はあまりうまくないが、今日は点が取れて良かった。カウンターの攻め方は選手に伝えているので、早い攻撃のプレーが出た。普段より前からのプレッシングは少なかったが、ポイントになる選手、エリア、ポジショニングは的確に捉えていたし、ボールと逆サイドのポジショニングやバランスが良かった。DFでは自陣のゾーンでは厳しくタイトにできたが、相手のアタッキングサードに入った時には、もっと相手に対して恐怖を与えられると思うので、粘り強く戦っていきたい。今日は勝つことが大事だったので満足している。
武富選手
もっと良い仕事をしたかったが、勝つことができたので良かった。得点シーンは、ドリブルで入った瞬間に、長沢選手が来ていたのが分かっていた。出場するチャンスをもらえたので、今後も毎日のトレーニングを頑張りたい。
長沢選手
武富選手のすごく良いボールからゴールを決めることができ嬉しかった。ここ2試合は悔しい思いをしたので、得点の時は自然にガッツポーズが出た。前節から引きずってはいけないと思っていた。今日はボールを取るという良いイメージを持つよう心がけた。シュートは打たなければ何もおきないので、ゴールの数を増やしていきたい。
南選手
今日の勝利は素直に嬉しい。前回ホームで勝利を見せることができなかったし、今日、勝点3を取れないと上位と離されるので、勝つことができて良かった。欲を言うならば、もう1点取りたかった。1点差だと危ない場面もあるので、ここが課題。無失点だったのは良かったが、もう1点取らないと厳しい。守備に関しては、去年からの積み重ねが活きている。全体的な守備のバランスはやり続けてきたので、全体の守備意識にはっきり表れていると思う。
エジミウソン選手
ロアッソでのデビューを心待ちにしていたので、勝利できたことは良かった。ケガで離脱して、チームメートが一生懸命練習していても参加できず、もどかしい複雑な思いもあったが、自分のキャリアの中でこういう経験をしたことは過去として捉え、これからピッチの上で最善を尽くして頑張りたい。今日の試合は厳しい戦いになると思っていたが、監督にいろんな指示をもらっていたので、良い形で試合に入ることができた。本来の自分達のサッカーはできなかったかもしれないが、勝利できたことが良かった。