2011Jリーグディビジョン2 1節

試合結果

2011年3月6日(日) 15:05キックオフ
ロアッソ熊本
試合終了
1 - 0
1 前半 0
0 後半 0
東京ヴェルディ

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)

根占 真伍 前半39分[得点]  
  ハーフタイム[交代] 市川 雅彦(out)⇒マラニョン(in)
  後半10分[警告] 飯尾 一慶
根占 真伍 後半11分[警告]  
ファビオ 後半20分[警告]  
  後半28分[警告] 菊岡 拓朗
  後半30分[交代] 飯尾 一慶(out)⇒井上 平(in)
  後半33分[警告] 富澤 清太郎
片山 奨典(out)⇒吉井 孝輔(in) 後半33分[交代]  
  後半37分[交代] 河野 広貴(out)⇒小林 祐希(in)
宇留野 純(out)⇒仲間 隼斗(in) 後半40分[交代]  

ゲーム開催記録

スタジアム名 入場者数
熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING) 6,611人
天候 気温/湿度 ピッチ状態 試合時間
雨、無風 9.5℃ / 85% 全面良芝、水含み 90分
コミッショナー 主審 副審 第4の審判 記録員
小畑 穣 柏原 丈二 岡野 宇広、二俣 敏明 日高 晴樹 藤山 直秀

メンバー表

ロアッソ熊本   東京ヴェルディ
GK 18 南 雄太
DF 15 市村 篤司
DF 2 チョ ソンジン
DF 6 福王 忠世
DF 24 筑城 和人
MF 23 根占 真伍
MF 8 原田 拓
MF 7 片山 奨典
MF 27 ファビオ
FW 11 宇留野 純
FW 9 長沢 駿
スタメン
柴崎 貴広 26 GK
福田 健介 2 DF
土屋 征夫 17 DF
深津 康太 20 DF
高橋 祥平 23 DF
富澤 清太郎 14 MF
菊岡 拓朗 10 MF
飯尾 一慶 16 MF
河野 広貴 7 MF
市川 雅彦 27 FW
平本 一樹 25 FW
ロアッソ熊本   東京ヴェルディ
GK 1 岩丸 史也
DF 16 矢野 大輔
MF 13 大迫 希
MF 22 吉井 孝輔
MF 25 西森 正明
MF 30 仲間 隼斗
FW 10 松橋 章太
控え選手
新井 章太 32 GK
吉田 正樹 3 DF
菅原 智 6 MF
小林 祐希 21 MF
マラニョン 11 FW
井上 平 13 FW
竹中 公基 30 FW
高木 琢也 監督 川勝 良一

コメント

ハーフタイムコメント

高木監督(熊本)
・前半は良いゲームをしていた。後半は相手のシステムも変わってくるので、後半の入り方を注意すること。
・シュートを打っていけば何かが起こるかもしれない。もう1点必ず取ろう。
川勝監督(東京V)
・前半の固さは途中からとれたが、FWの運動量を増やさないとシュートまでいけない。気持ちの見える戦いをしよう。

試合終了後

高木監督(熊本)
1-0の結果でホームで失点がなかったので良いゲームだった。開幕戦は相手の情報もあまりないので、これまでやってきたことを出せるかがポイントだった。前からアグレッシブにボール奪う、攻めることや攻撃の連動性、守備の連動性がうまく重なり合うシーンが作れた。ただ、1試合が終わったに過ぎないのでしっかり準備して次につなげていきたい。今日は雨にもかかわらず、多くのサポーターやファンが来場してくれたことには感謝している。
試合前、選手にはチャレンジすること、勇気を持ってやっていこうと伝えたことを選手は表現してくれた。選手個々の特徴を生かしたゲームができた。開幕戦を勝って目標に少し近づいたが、1戦1戦戦っていくために準備すること、大事に戦うことで、最終的に目標を達成できればよいと思う。
長沢選手
2点目を取らなければいけなかった。前線での守備もできていた。まだ1歩踏み出したばかりなので、満足せずJ1昇格、J2優勝を目指して、サポーターと共に頑張りたい。
根占選手
初戦を勝つことができて良かった。試合前から雨が降っていたにもかかわらず、多くのサポーターが来場してくれ、試合に勝つことができたので良かった。公式戦で良い入り方ができたので、京都戦へ向けて頑張りたい。
南選手
キャプテンとして迎える初めての試合、ホーム開幕戦を1-0で勝てたことにホッとしている。1試合に1~2回ピンチもあるが、それを守ることも役目だし、前線から守備をコンパクトにしたことにも助けられた。今日はホームで良い雰囲気の中でゲームができ、モチベーションも高まった。2点目を取れなかったことは課題だし、チャンスがあっても決めることができなかったことも課題。